ホーム > mixiニュース > コラム > 算数テストでカンニング発覚! 中学受験生の息子に怒り狂う母が、それでも「目をつむった」ワケ

算数テストでカンニング発覚! 中学受験生の息子に怒り狂う母が、それでも「目をつむった」ワケ

2

2019年08月11日 19:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

写真写真

 “親子の受験”といわれる中学受験。思春期に差し掛かった子どもと親が二人三脚で挑む受験は、さまざまなすったもんだもあり、一筋縄ではいかないらしい。中学受験から見えてくる親子関係を、『偏差値30からの中学受験シリーズ』(学研)などの著書で知られ、長年中学受験を取材し続けてきた鳥居りんこ氏がつづる。

テストで「姑息な」カンニング……それでも中学受験生の息子を「叱らなかった」母の意図
「筆算の形跡ない解答用紙」に怒り――中学受験生のカンニングに、母が目をつむったワケ

 中学受験は小学生が臨む受験である。それゆえ、親から見ると、まだ思考が幼いと感ずる部分があるのは致し方ないところである。その幼さが端的に表れるのが「勉強への姿勢」だ。

「なぜ、勉強が必要なのか」
「この勉強は自分にとって、将来、どのように役に立つのか」
「なぜ、中学受験をするのか」
「中高一貫校に行って、何をしたいのか」
「自分は本当に中学受験をやりたいのか」

 こうした根本的な問いに、幼いながらも自分で答えを出せる子でない限り、中学受験は苦しいものになりがちだ。「今と将来の自分に必要だから挑戦している」という自覚がある子と、親の言いなりで課題だけをこなす毎日になっている子とではモチベーションの差が大きい。それがダイレクトに“合否”につながるわけではないが、“人生”の差にはダイレクトにつながっていくように思う。これが親主導の中学受験の怖いところなのだ。

 もちろん、ほとんどの親は、中学受験を「親心」から「子に良かれ」と思って主導するのだが、そこに子ども自身の志が交わらねば、子育てはどこかの時点でつまずきを感じやすくなる。人生は自分の意思で切り拓くもの。親といえども子どもの意思を過剰にコントロールするならば、やがて子どもは自分の人生を他人に委ねることになるだろう。

 陽子さん(仮名)はある日、塾からの電話に血相を変えた。息子である小学6年生の周君(仮名)に、カンニングが発覚したという知らせだったからだ。塾に急行した陽子さんは算数の小テストの解答用紙を見せられて愕然とする。式も書いておらず、筆算をしていた形跡もない、そこには、正答の数字のみが羅列されていたのだ。

 室長から「周君はすでにそのテストを終えた隣のクラスから解答を入手し、その数字だけを記憶して書いたのではないか? と推測される」と教えてもらうと、陽子さんは「なんという姑息な……!」と怒りに震え、帰ったら息子をどう叱ろうかと頭を悩ませたという。しかし、室長は笑みを交えながらこう告げたそうだ。

「お母さん、カンニングをする子はたくさんいます。周君だけではないです。皆、点数が欲しいという誘惑にかられちゃうんですよ。でも、周君は全然マシですよ。ちょっと小賢しくなると、わざと何問かを間違えておいたり、あたかも計算したかのように小細工する子もいますから。それに比べて、周君は純粋です(笑)」

 そして、今度は真剣な眼差しで、陽子さんに意外な提案をした。

「周君はご存じの通り、6年の夏季講習前にクラス落ちしました。本人も相当、焦っているんです。お母さんは今回のことは目をつむって、何も言わず、周君の好物でも作ってあげてください。この件は僕から周君に直接伝えます」

 数日後、室長が周君を呼んでしたことは、「嫌いだった算数をいかに好きになったか」という自身の体験談を語ることだったという。

「周君、算数、好きか? 先生はなぁ、算数は昔、嫌いだったんだが、先生の先生に円周率の話をされて、すごく興味を持って、それで算数好きになったんだよ」

 そして、室長は紙を切りながら、直径2僉3僉4僂留澆鮑遒辰董⊆君に糸を使わせて円周を測らせたそうだ。「円周はどんな円でも直径×3.14」と。

「不思議だろ? でも、すごく美しいって思わないか? 勉強って覚えるだけじゃ、心に響かないんだよな。先生は『何でだろう?』って不思議に思うことが“勉強”だと思うんだよ」

 周君は、陽子さんに、室長から聞いたという円周率の話を笑顔で語り、実際に色んな円を自作して、実演してみせたそうだ。陽子さんはその姿を見て、猛烈に反省したという。

「私、間違っていました。周がカンニングしたのは、間違いなく私のプレッシャーです。『6年の最後のクラス替えで元のクラスに戻らなかったら、もう意味はないから、受験をやめなさい』なんてことを何度も言っていたんです。周がポーカーフェイスだったので、ちょっと気合を入れようとしただけだったんですが……」

 当時のことを思い出し、こみあげてくるものがあるのか、陽子さんはハンカチで顔を覆った。

「中学受験を周に経験させてあげようとしたのは、決して、いい点を取るとか、偏差値を上げるという目的ではなかったことを思い出しました。『勉強って楽しいね、知るってうれしいね』ってことを重視する環境に周を置いてあげたかっただけなのに、塾のクラス分けやテストの結果を前に、いつの間にか、有名進学校に入ることだけが目的になってしまっていたんです」

 その後、陽子さんはカンニングのことに関しては一切触れず、周君に「なぜ、中学受験をすることに決めたのか」という話をしながら、周君が今までの3年間で培ってきた知識の広がりを、具体的に褒めたそうだ。

いわく、日本の歴史は母よりも詳しくて驚いていること
いわく、四文字熟語や慣用句の知識が豊富なこと
いわく、星の名前がいくつも言えること
いわく、計算問題を解くスピードが格段に増していること

 それらを一つずつ口に出して周君に伝えていると、「自分でも驚くくらい、周の知識が広がっていることにあらためて気付かされた」と陽子さんはいう。周君は「当たり前だろう? 塾に行ってるんだから!」と素気なく答えたらしいが、「まんざらでもない」という態度を陽子さんは感じ取ったそうだ。

「中学受験生はまだ子どもですから、余計に親の言い方が大事なんですね。私はクラス落ちの苛立ちをこともあろうに周にぶつけただけでした。周の方が数千倍悔しかっただろうに、私はやる気を失わせる言動しかしていませんでした。室長に救われたのは、実は私の方だったかもしれません……」

 周君は秋のクラス替えで元のクラスに返り咲き、見事に第1志望校に入学した。今現在は科学部に在籍しており、昨年の文化祭では「葉脈しおり作り」班の班長として活躍していた。 周君いわく「科学って不思議で、すごく美しい」のだそうだ。
(鳥居りんこ)

このニュースに関するつぶやき

  • 学校や塾でカンニングの常習犯がいましたが、放置していました。もちろん本番ですべての学校に落ちたので「ざま〜みろ」と心の底から思いました。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 学校や塾でカンニングの常習犯がいましたが、放置していました。もちろん本番ですべての学校に落ちたので「ざま〜みろ」と心の底から思いました。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定