ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > ソフトバンク 日本ハムに3タテ

ソフトB、ハムに引導3タテ! 和田3勝目&甲斐野好救援、デスパイネ2発5打点

32

2019年08月12日 16:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ソフトバンク・和田毅
ソフトバンク・和田毅
○ ソフトバンク 6 − 3 日本ハム ●
<20回戦・ヤフオクドーム>

 首位のソフトバンクは4連勝。貯金を再び14とした。右太もも裏痛から復帰した先発の和田が、5回5安打1失点で3勝目(2敗)。打っては4番のデスパイネが、2本塁打5打点と大暴れした。

 和田は初回、3者連続奪三振の圧巻スタート。するとその裏、ソフトバンクは3番・内川の左前適時打、続くデスパイネの右越え28号2ランで3点を先制した。

 和田は2回以降も、キレのある直球を軸に好投。5回に先頭の7番・横尾にソロ弾を浴び、その後も二死一、三塁のピンチを背負ったが、最後は3番・近藤を遊ゴロに仕留め5回を最少失点でまとめた。

 2点リードの7回、3番手の嘉弥真が一死二、三塁のピンチを招いたが、代わった甲斐野が2番・大田、続く近藤から連続奪三振。すると8回、デスパイネのこの試合2発目となる左越え3ランで6−1とリードを広げた。9回は6番手の加治屋が2点を失い、なおも二死満塁のピンチを招いたが、最後は森が24セーブ目で締めた。

 日本ハムは6連敗でソフトバンクと6.5ゲーム差。敵地で3タテを食らい、自力優勝の可能性が消滅した。打線は5点を追う9回に2点を返すも反撃届かず。11安打3得点と効率の悪さが目立った。投手陣は2番手の金子が5回無失点と試合を作ったが、ショートスターターの吉川が初回に3点を失い2回3失点。巨人から出戻りトレードで再加入した左腕は、これで移籍後3戦3敗となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 今はいいが、現時点でマリーンズにけちょんけちょんにやられてるから、数年後立場が逆転してる気が! 今後他のチームから連れて来る補強ではなく若手育成! 鷹ファンより
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • よしよしよしよし!引導渡したった。次は楽天に引導渡しましょ!(^O^)
    • イイネ!20
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(17件)

あなたにおすすめ

ニュース設定