ホーム > mixiニュース > 海外 > 「極めて珍しい」パンダの双子

「極めて珍しい」双子のパンダ誕生、ベルギーの動物園で

107

2019年08月13日 12:40  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ブリュッセル 9日 ロイター] - ベルギーのペリダイザ動物園は9日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが8日に誕生したと発表した。オスとメスで、双子は「極めて珍しい」という。


双子は数時間離れて生まれ、体重は160グラムと150グラムだった。ピンク色で、まだ体毛は生えておらず、親よりもずっと小さい。世界自然保護基金(WWF)によると、母親の900分の1の大きさだという。


母親の「ハオハオ」を休ませるため、赤ちゃんは職員が24時間体制で監視し、1頭ずつ交代で保育器に入れて人工哺乳を行う予定。


同園の創設者であるエリック・ドム会長は声明で「双子出産は、現在も絶滅の危機にひんしているジャイアントパンダにとって素晴らしいニュースだ」と述べた。

このニュースに関するつぶやき

  • だから「ニュースの出処が言ってることを鵜呑みにして記事を書く」のはやめようぜ。。。ちょっとでもパンダに興味あったら、和歌山でもポロポロ双子が生まれてることは「常識」やから。「極めて」って、正直「噴飯モノ」のタイトルだよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • パンダの双子って珍しくないはずだけど、オスとメスなのが珍しいってこと?よくわからないニュースだ。 https://mixi.at/ad7VqAM
    • イイネ!62
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(63件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定