ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』貧乳問題、十万石まんじゅう、しまむら……JKが地元をイジり倒す!

『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』貧乳問題、十万石まんじゅう、しまむら……JKが地元をイジり倒す!

5

2019年08月13日 17:03  日刊サイゾー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊サイゾー

写真『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』(新潮社)
『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』(新潮社)

 原作マンガも映画も大ヒットした『翔んで埼玉』、皆さんはご覧になりましたでしょうか?(参照記事) あの作品のおかげで、埼玉県は事実上「イジってもいい県」第1位の座を獲得。次点となる群馬県や茨城県を大きく引き離し、その地位を不動のものにしたといえます。全然うれしくない地位かもしれませんが……。

 今回ご紹介するのは、埼玉に住む女子高生が地元埼玉をイジり倒し、それでいてあふれる埼玉愛も感じることができるという、一風変わったマンガ『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』。まるで鋭利な刃物のように埼玉をディスる『翔んで埼玉』とは180度違ったほのぼの感、安心感のある埼玉イジりが堪能できます。

『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』は渡邉ポポ先生による作品で、「コミックバンチ」で読むことができます。埼玉県行田市の仲良しJKトリオが、ゆるーいノリで埼玉に生まれ育った自分たちの境遇を嘆いたり、呪ったり、喜んだり、誇ったり……そして、東京に対する圧倒的な劣等感を抱いたりする作品です。

 メインとなる3人のJKはこんな感じです。

【白鳥小鳩】埼玉県行田市生まれ、貧乳でイモっぽいルックスの自分を嘆く、ややネガティブな性格。本人は気がついていないだけで、周りからは結構かわいいと思われている。東京に対する劣等感がスゴい。

【姫宮アグリ】埼玉県行田市生まれの小鳩の幼なじみ。同じく貧乳。実家が埼玉の由緒ある神社のため、巫女姿になったりもする。性格はサバサバしていて男っぽく、ポジティブ。いつも小鳩をフォローしてくれる友達思い。

【東上みなと】東京都港区赤坂出身で巨乳。埼玉に転校してきてまだ1カ月だが、埼玉になじもうとして一生懸命なJK。随所で都会っぽさが垣間見えるため「東京風吹かせてる」などと小鳩やアグリにイジられがち。

 本作の第1話目は、かなりの衝撃テーマ「埼玉貧乳問題」です。埼玉県といえば、いろいろな名産や観光地がある中で、最初に紹介するものが「貧乳」とはこれいかに。

 冒頭から、自分のルックスのイモっぽさと胸の貧しさを嘆く小鳩。そして、それらはすべて自分が埼玉県民だからではないかというのです。

 いやいや、それはいくらなんでも埼玉をディスりすぎだろ……と思うわけですが、実はまったく根拠のない話でもないのです。それがすなわち「埼玉貧乳問題」。

「埼玉貧乳問題」とは、全都道府県の胸のサイズを測定して平均のサイズを算出したところ、全国で埼玉県のみが平均Aカップだった――という、誰が得するのかよくわからない調査結果です。埼玉県は彩の国であり、貧乳の国でもあったのですね。

 小鳩とアグリはお互いに、埼玉女子として、貧乳でイモっぽいことを受け入れ、励まし合うのですが、そこに東上みなと(巨乳)が現れたため、変な空気に。しかし、東上はまだ東京から埼玉に来て1カ月だからルール破りの巨乳なのもしょうがない、という結論になります。

 そういう他愛のないJKの会話が延々続くマンガなのです。

 第2話目は、埼玉が誇る銘菓「十万石まんじゅう」が紹介されます。初めての十万石体験にルンルン気分の東上に対して、「学校帰りに十万石行くぐらいで…あんなにテンション上げられるかな?」と疑問を呈する小鳩。

 ここでも、地元の銘菓に対してネガティブなスタンスですね。

 十万石まんじゅうを目の前にして、ハイテンションな東上。まんじゅうを見て「かわいい!」って、なかなか出てこないセリフですよね。そう、十万石まんじゅうは都会出身のギャルにとってはかわいいのです! もしかしたら、タピオカの次は十万石が来るかも(来ません)。

 ちなみに、埼玉県民にとっては十万石まんじゅうの「うまい、うますぎる……」のテレビCMはなじみ深いものですが、実は埼玉ローカルのCMであることを知って驚愕する小鳩。ペヤングソースやきそばのCMが全国区だと思っていたら関東限定だったとか、タケモトピアノのCMが関西限定だったとか……ローカルCMあるあるですね。

 最近は東京でもよく見かけるようになった「ファッションセンターしまむら」ですが、実は埼玉が発祥なんです。第3話は、小鳩と中学生の妹・小鞠(こまり)が、しまむらでショッピングする話です。

 なんと、ラフォーレ原宿で売っているおしゃれスカートと似ているデザインの服が、しまむらなら3分の1の安心価格で手に入るのです。全埼玉女子の強い味方、それがしまむら。

 なんかちょっとバカにしているような気がしないでもないのですが、きっと気のせいですよね!!

「大宮!? これが!? 東京じゃなくて!?」

 行田のJK、小鳩にとっては、大宮は東京も同然の大都会。大宮のスケールのデカさに、いちいち圧倒されてしまうのです。そんなにスゴかったのか……大宮。

 そして、その大宮でスタバと並ぶおしゃれグルメスポット、クリスピー・クリーム・ドーナツに初チャレンジする小鳩たちですが……

 トングで選べない、ポンデがない……なんとかグレーズドとか注文するのが恥ずかしいということで注文できず、すっかり萎縮してしまいます。いや、ミスドに慣らされすぎだろ!

 そのほかにも、さきたま古墳群が「めざせ世界遺産!」(世界遺産だとは言ってない)だったり……

 スタバに行けないかわりに、「わたぼく」コーヒーミルクで妥協感のあるカフェタイムを過ごしたり……

 JKが他愛のない会話をしながら、軽く埼玉をディスって笑いを誘いつつ、気がついたら埼玉ならではの魅力をきっちり紹介しているという、実に見事な構成となっています。

 なんといっても、舞台が行田市というのが絶妙。ふつう埼玉といえば、大宮とか浦和とか所沢とかの都市をイメージしがちですが、そこまで知名度はなく、ほどほどに田舎っぽいけど生活に不便がない程度には栄えている、なんともいえないポジションなのが行田市。それがまた実にいい味出してます。

 そんな行田市には、名前と見た目のギャップがスゴいB級グルメ「ゼリーフライ」がありますし、お隣の鴻巣市にはピラミッドみたいなひな壇のインパクトがスゴい「びっくりひな祭り」とか、東松山市名物・豚肉の「やきとり」など、まだまだ紹介されてないツッコミどころのあるネタが存在しているので、今後の登場が期待されます。しみじみ、やっぱり埼玉っていいところかも、そんなふうに思わせてくれる作品です。

(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん <http://ablackleaf.com/>)

●『埼玉の女子高生ってどう思いますか?』

http://www.comicbunch.com/manga/thu/saitama/

このニュースに関するつぶやき

  • 明日はプリキュアイベとトミカ博の帰り道にコクーンのプリティストアに行くし、大宮駅東口のアモスタイルならライバルが少ないので…(ry(゜o゜)\(-_-)
    • イイネ!1
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定