ホーム > mixiニュース > コラム > 背筋が寒くなる「怪談傑作選」

ねとらぼ読者の怪談傑作選―病院、お盆の川、夜の海辺―

190

2019年08月13日 20:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真読者から集まった奇妙な怪談をお届けします
読者から集まった奇妙な怪談をお届けします

 ねとらぼ真夏の怖い話特集、第4夜は「ねとらぼ読者の恐怖体験」です。ねとらぼ編集部では読者から怪談を募集し、全部で57本もの怖い話をお寄せいただきました。今回はその中から、5本をより抜いてお届けします。当直の夜に起きた奇妙な体験から、夜の港町で遭遇した「何か」まで……怖い話が苦手な方はお気をつけてご覧ください。



【画像】何かがいるかもしれない景色



●病棟のざわめき(匿名希望さん)



 長期入院患者が多数入院している病院の1階病棟に勤めていたときのことです。



 夜勤で見回りをするとき、深夜1時半頃に1階エレベーターホールの方から、大勢の人が話す声がザワザワと聞こえてきました。おそるおそるエレベーターホールに向かうと、消灯されているはずのエレベーター前の電気がついていて、ざわめきはその周囲から聞こえてきます。が、人影は一切ありません。



 何が起きているのか理解できずに立ちつくしていると、エレベーターが2Fから降りてきて扉が開きました。もちろん、誰も乗っていません。しかし、エレベーターから誰かが降りてきたような感じで、ざわめいていた集団はその人を迎え入れ、一団となって玄関の方に離れていき、そして聞こえなくなりました。



 聞こえなくなってからエレベーターホールの電気が消え、いつもの静けさに戻りました。 ナースステーションに戻ると、2階病棟から「患者が急変したからヘルプに来てくれ」と連絡がありました。夜勤の相方を起こしてヘルプに行きましたが、患者さんはすでに旅立っていたようで、処置の甲斐なく死亡退院されました。 30年以上入院されていた方だったので、以前の入院仲間が迎えに来ていたのかもしれません。



 ○(編集部より)霊の姿が見えるわけではなく、音だけだというのが興味深い怪談です。病院勤務のプロセスが詳細に書いてあるのも生々しくてすばらしいと感じました。怪談はオチをつけるとわざとらしくなってしまいがちですが、この方の「以前の入院仲間が迎えに来ていたのかもしれない」という想像は、なんとなく暖かく、するっと腑に落ちる気がします。



●なにかの中指(匿名希望さん)



 大学生の頃、夏の暑い時期に友達と西伊豆に行きました。そこは小さな港町で、浜辺があり、民宿が立ち並んでいました。浜辺の脇から小さな歩道を通っていくと、岩壁の先まで行くことができ、そこからは広大な海が望めます。



 僕たちは階段を上った所にある小さな祠にお参りして、自動販売機の前で集合するプチ肝試しをすることにしました。二人一組になり、順にスタートします。肩幅ほどの濡れた階段は足を滑らせそうで、前かがみになってライトで照らしながら上りました。



 しかしその上り方だとなかなか上まで着かないので、少しだけ体を起こしてからライトで先を照らそうとした瞬間、何かにおでこを強く押されてのけぞりました。後ろの子が慌てて支えてくれて事なきを得たのですが、そのまま何もなかったかのようにお参りしてそそくさと自販機の前まで退散しました。



 家に帰って蛾? コウモリ? などと色々考えたのですが、70キロのガタイがいい男をのけ反らせることができるほどの重い生き物が思い浮かびません。ふと中指をおでこに当ててゾッとしました。グッと押さえた時の皮膚が上にずれる感じが、あのときと全く同じだったのです。幽霊は信じませんし、こんな話をしたところで嘘だろうと言われるのがオチなのでほとんど話したことがありません。同じような経験は後にも先にもありません。無事で良かったです。



 ○(編集部より)思わず読みながら自分でも中指でおでこを押してしまいました。暗闇の向こうで、何かが投稿者さんを拒んだのでしょうか。何より景色の語りが非常に具体的である点が魅力的な怪談です。



●鮎の川(犬野肉球さん)



 8月13日の、盆入りの頃の話です。



 お墓参りに行く前、当時小学校1年生だった私は、鮎(あゆ)を見に川へ1人で行きました。すると、河原に知らない浴衣のおじいさんがいました。じっとお爺さんを見ていたら、どこか不思議と懐かしいような感じがしたので、近づいてみました。



 「鮎、好きか?」



 おじいさんがそう尋ねてきたので、私は返事をしました。



 「うん。川も好き」



 「川が好きか。そうか」



 そう言うと、私の手を繋ぎ、「さぁ、行こうか」と 向こう岸を目指して川の中に入って行きました。冷たくてとても気持ちよかったです。



 腰まで浸かった頃、兄が迎えに来ました。兄が「何やってんだ! 川から上がれ! 早く!」と怒鳴り、私は驚いて上がろうとしましたが、手をつかんだおじいさんの力は強く、川へ引き込まれました。首まで浸かったころ、おじいさんが「もうすぐだよ」と言うので、必死にもがきましたが、私は流されてしまいました。



 気付いたら私は家にいました。親には全てを正直に話し、兄も見たままを伝えました。しかし、兄には私が勝手に川遊びをしていたと言われました。「違う! どっかのおじいさんが……」と言ったとき、仏壇にある遺影が倒れた音がしました。見に行くと、遺影の顔はさっきのおじいさんでした。



 空爆で1人で死んだからさびしかったのかな……と祖母が言って、みんなでお祈りをしました。



 ○(編集部より)何より「鮎、好きか?」という問いから始まるのが奇妙で面白いと思いました。亡くなった身内が三途の川の向こうから「まだこっちに来るな!」と言ってくれたおかげで命が助かった、という話はよくありますが、このお話のおじいさんは連れて行こうとする……。生前のおじいさんはどのような人だったのか、非常に気になります。



●夢の中の銭湯(匿名希望さん)



 夢の中によく銭湯が出てきます。行った覚えはないものの、構造まで鮮明に記憶している場所です。



 閑散としたその銭湯で、心霊現象を体験する夢をよく見ました。なにか霊的な存在に追いかけられ、たどり着いた先の浴場ですべって転んでしまい、その瞬間に目が覚めた、というような内容のものが多かったです。



 ある夏の日、妻と子供を連れて家族で帰省のため車を走らせていました。途中、車内で子どもが汗をかいてしまったため、近くの銭湯に寄ることにしました。



 その銭湯は、夢に出た通りの形をしていました。私は「記憶にないほど幼い頃に訪れていた場所を、無意識のうちに覚えていたのか」とひとり合点しました。



 子どもを連れ、いざお風呂に入ろうと浴場に入ろうとしたとき、子どもが転んでしまいました。あわてて子どもが転んだ場所を見ると、夢で私が転んだのと同じ場所にくぼみがあったのです。 私はそれを見て、私が夢で遭遇したあの霊も存在したのではないかと徐々に不安になっていきました。



 結局、ささっと入浴をすませて再び車に乗り、何事もなく実家に帰りましたが、夢に出てきた霊が入浴時にもいたのではないか、子供がこれを覚えていて私のように悪夢にうなされるのではないか、と妙な不安でいっぱいになりました。



 ○(編集部より)恐怖体験としては地味な話なのかもしれませんが妙に印象的で、こんな体験をしたら絶対に忘れられないだろうなと思い、ピックアップしました。特に自分に深い縁があったわけでもない銭湯がなぜか夢に出てくる不可解さが面白いです。



●どうして出ないの(レオさん)



 仕事で当直をしていたある夜のことでした。医師も看護師も、他の職種の当直スタッフ以外はみな帰宅しており、病棟を全てまわり終えた俺は当直室に戻って仮眠をとろうかと思いながら、その日の残務をしていました。



 残務が終わる頃に、PHSのコール音が当直室に鳴り響きました。先程回ってきたのにどこの病棟からかと思いました。少し眠気が来ていたのでイラッとしてしまいながらも、コールを受けました。



  「……はい、当直○○(俺)です。」



 いつもPHSをとるときの決まり文句です。しかし、しばらく待っても相手からの返事は来ません。電波が悪いのかとも思いながらも何度か呼びかけましたが無言。PHSを切ろうとしたときでした。



 ザァアーーーーーー! と砂嵐のような音が流れてきて、音にビックリしてとっさに切ってしまいました。 念のため、表示された相手方の番号に折り返してみましたが、結果は同じでうんともすんとも言いませんでした。



 PHSの調子が悪いのかと思い、別の医師のPHSを借りることにしました。当直の医事室スタッフに連絡して、PHSを変更したことを各病棟に伝えてもらうように依頼しました。 疲労がピークにきていて、緊急ならまた連絡がくるだろうと思いました。PHS2台を近くに持ったまま、消灯せずにベッドではなくソファに横になりました。



 しばらくして不意に目が覚めました。消してないはずの電灯が消えていて、部屋は真っ暗です。当直にいくつかある固定の電話の赤ランプだけが不気味に光っています。電灯が消えたのは誰かが消してくれたのだろうと思って、トイレにでも行って残務を再開しようとしたときです。



 固定の電話2台がコール音を鳴らしました。ワンテンポ遅れて、俺が借りたPHSも鳴りました。 ただ、おかしなことにその3台に表示されている相手方の番号が全て同じなんです。Aという病棟にPHS・固定電話がいくつかあっても、ひとつひとつがそれぞれの末尾が異なる番号が設定されているはずなんです。1台の番号で複数に電話をかけることなんてできないはずなんです。そもそもスタッフは仕事があるので、何か用があるならその病棟のひとりだけがかけるはずなんです。いくらオカルトを信じていない俺でも気味が悪くなって部屋から出ようとすると、ドアが開かないんです。ドアノブも固くて下げられない状態です。



 当直スタッフに来てもらおうと、鳴っていないもう1台の俺のPHSの番号を医事室スタッフ宛に押して耳に押し当てました。すると、女性の声で『どうして出ないの』と言われました。



 恐怖に震えながら身体を起こすと元のソファで寝ていて、電灯もきちんと点いていました。ひどい悪夢をみたことで冷汗で背中が濡れており、白衣が張り付いて気持ち悪かったのを覚えています。固定電話と借りたPHSの着信履歴を見ても、かかってきた形跡はありませんでした。やっぱりただの悪夢だと思って、何気なく調子が悪い俺のPHSもみたところ、1件だけ着信が残っていました。



 今度こそ気味が悪くなって、その後もすべての病室を見回ったところどのスタッフも電話はかけておらず、病棟はトラブルもなく平和だったそうです。



 どうしても気になるからと食い下がり、日勤の終わりに番号を調べてもらいました。残っている着信履歴の番号は、今は存在しないようです。ただ、昔は確かに存在していた番号でした。今は改築されている場所ですが、自傷他害の恐れがある患者さんが入る保護室という部屋があった場所だそうです。その後数日は怖くて後輩の家に泊まらせてもらいました。



 ○(編集部より)今回一番背筋が寒くなった作品です。なぜその夜に電話がかかってきたのか、改築前の病院では何があったのか、謎がたくさんあってぞわぞわさせられました。体験はほかにもあるとのことですが、ぜひそれも聞きたいです……。



(ねとらぼGirlSide/不義浦)


このニュースに関するつぶやき

  • キャンプで昔見てた友達のマジ話を聞いた。しかも私がよく通る道路で起こる話。夜は絶対に出歩かない!勘弁してくれよ(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • お昼にやっていたあなたの知らない世界が、1番怖い https://mixi.at/ad72l2Q
    • イイネ!69
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(115件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定