ホーム > mixiニュース > 海外 > 今注目のバルト三国 、エストニアのかわいいお土産5つ

今注目のバルト三国 、エストニアのかわいいお土産5つ

2

2019年08月14日 11:00  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

民族衣装のモチーフを生かした工芸品や、豊かな自然の恵みを味わえる食べものがたくさんのエストニア。エストニアで見つけた、かわいいお土産をご紹介します。

(1)ハンドペインティングのシュガーポット

エストニアの民族衣装のストライプを思わせる、美しい陶器のポットは、ハンドペインティングでひとつひとつ作られたもの。このARS Portselan(アルス・ポルトセラン)社の陶器は、マグカップやお皿などもあり、タリンのお土産屋さんなどで扱われています。

フタの部分の花模様も美しく、アクセサリーや小物入れとして使っても素敵。

(2)小さな木製人形

民族衣装を着た小さな人形も人気のお土産のひとつ。タリンのお土産屋さんでは、さまざまな種類の木製人形に出会えます。素朴な表情が愛らしい木製の人形です。

1960〜70年代、ソヴィエト時代のエストニアで作られていたsalvo doll(サルヴォ・ドール)を模したタイプのかわいい人形。

(3)刺繍の小物

エストニアには黒地に華やかな草花を刺繍した、伝統的な民芸品があります。刺繍の施されたシューズやミトン、がまぐちなどもおすすめです。

コーンフラワーとハートフラワーが刺繍されたオーナメント。

(4)活版印刷と手漉き和紙の美しいカード

タリンの旧市街にあるLabora Letter Press(ラボラ・レター・プレス)では、手漉きの和紙と活版印刷で作る、カードや冊子を販売しています。和紙の中に種が入っていて、水に付けておくとそのまま発芽するというユニークなものも。繊細な模様がプレスされたカードはプレゼントにもぴったりですね。

左はエストニアの民話を印刷した小冊子。右が種入りのカード。

Labora Letter Press(ラボラ・レター・プレス)  https://labora.ee/

(5)オーガニックのハチミツ

バルト三国は養蜂がさかん。エストニアのハチミツもとても濃厚で風味豊かです。地域によって少しずつ味わいが変わるハチミツ、スーパーやマーケットで売られているものを食べ比べてみても楽しいですね。

オーガニックのハチミツはお土産にも大人気。

☆☆☆

伝統のモチーフや技術を使って作られた、かわいい雑貨に出合える国エストニア。

お気に入りを探してみてくださいね。

写真・文:内山さつき
取材協力:CAITOプロジェクト(田園ツーリズムプロジェクト)
機材協力:フィンエアー

このニュースに関するつぶやき

  • エストニアの土産が手すき和紙とは、これ如何に!?…((((゚д゚;))))
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • エストニアのナルヴァに行って、地面を掘り返そう。ドイツ軍、ロシア軍、双方のあれやこれやが出てくるはずだ。沼地にはT-34/76戦車が沈んでたりするぞ。ドイツ軍が捕獲して使ってたやつだぞ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定