ホーム > mixiニュース > 社会 > 5-11日の熱中症搬送 1万2751人

熱中症搬送1万2751人=前週に次いで多く−総務省消防庁

70

2019年08月14日 11:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 総務省消防庁は14日、5〜11日の1週間に熱中症で救急搬送された人が全国で1万2751人(速報値)に上り、うち23人が死亡したと発表した。今年最多を記録した前週(7月29日〜8月4日)の搬送者1万8347人、死者57人に次ぐ多さとなった。

 搬送者のうち、3週間以上の入院が必要な重症は400人。65歳以上が54.9%を占めた。熱中症の発生場所で最も多かったのは住居で44.6%だった。

 都道府県別では、東京が1465人と最も多く、埼玉977人、大阪897人と続いた。今後も厳しい暑さが予想されることから、消防庁は引き続き熱中症への警戒を呼び掛けている。 

このニュースに関するつぶやき

  • この一週間で熱中症で搬送された人が13000人もいるそうです。そのうち55%は65歳以上。死者26人くらい。44%は自宅で熱中症になっているそうです。お金国から補助したらどうですかねー。
    • イイネ!1
    • コメント 6件
  • こんなことでは、来年の東京オリンピックはどうなる。チケットを持っていても「不要不急の外出は控えるように」となるから自宅観戦しかないな。
    • イイネ!22
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(42件)

あなたにおすすめ

ニュース設定