ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 阪神近本が躍動!124安打で球団新人歴代単独5位

阪神近本が躍動!124安打で球団新人歴代単独5位

1

2019年08月14日 22:14  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真中日対阪神 5回表阪神2死二塁、北條史也の左翼線適時二塁打で生還し矢野燿大監督(中央)の出迎えを受ける近本光司(撮影・上田博志)
中日対阪神 5回表阪神2死二塁、北條史也の左翼線適時二塁打で生還し矢野燿大監督(中央)の出迎えを受ける近本光司(撮影・上田博志)

<中日3−6阪神>◇14日◇ナゴヤドーム



阪神の連続無得点イニングを止めたのは、近本だった。0−3の5回。右前打を放った代打木浪に続き、2死一塁で打席へ。


「2アウトからいい形で出てくれた。後ろにつなげるように、真っすぐをしっかりたたけたのが良かった」。外角高めの直球を強振。中越え適時二塁打で、チーム25イニングぶりの得点を刻んだ。


試合中のミーティングで、浜中打撃コーチは「得点出来ないからスイングが小さくなっている。しっかり振っていこう」と指示していた。5回に一挙5得点。「そこから点も取れてきたと思います」と振り返った近本の負の連鎖を止めた一打だけでなく、後続も続いての猛攻だった。


近本は初回の第1打席でも左翼へ二塁打を放っており、5回の二塁打と合わせ、通算35度目のマルチ安打。今季124安打とし、球団新人歴代単独5位となった。同4位の赤星憲広氏まであと4安打。近本があこがれる先輩の背中は目の前だ。


躍動し続けるルーキーは常に貪欲。「(木浪に)追加点のホームランも打ってもらえたので。ぼくもしっかりそこからも、もうちょっと追加点を取れたら良かった」。謙虚に打線をけん引する。【磯綾乃】

このニュースに関するつぶやき

  • あと12本打てば高山に並ぶ。でも近本が打っても後が続かないと勝てない。打線が機能しないと・・・って思ってたら一気に6連打。やればできるんじゃ����ʴ򤷤�����
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定