ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 「オレがやる」阪神4番マルテ宣言通りの同点適時打

「オレがやる」阪神4番マルテ宣言通りの同点適時打

1

2019年08月14日 22:50  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真中日対阪神 5回表阪神2死一、三塁、マルテは左越え適時二塁打を放つ(撮影・前岡正明)
中日対阪神 5回表阪神2死一、三塁、マルテは左越え適時二塁打を放つ(撮影・前岡正明)

<中日3−6阪神>◇14日◇ナゴヤドーム



つないできた反攻を主軸が止めてしまうわけにはいかない。


虎の今季最長6連打のクライマックスはマルテの4番初タイムリー&新5番大山の勝ち越し打だ。


3点を追う5回。2死から代打木浪の安打を皮切りに4連打で1点差。なおも2死一、三塁で、4番に座って5戦目のマルテに回ってきた。カウント2−0から高めに甘く入った山井のスライダーを一振り。弾丸ライナーで左翼の頭を越す同点適時二塁打に、思わずガッツポーズが飛び出した。「いつもチャンスではランナーをかえしたいという思いはある。それができてよかった」。前日13日は好機に併殺など4打数無安打。悔しさを快音で晴らした。


仕上げは今季初めて5番に入った大山。高めスライダーを中前へ。「チームが最優先なので、流れに乗って点を取れたのは大きかった」。元4番の一打に、二走マルテは迷わず三塁を蹴って本塁へ。気持ちを前面に押し出したヘッドスライディングで生還した。


試合前、マルテは士気を高めていた。フリー打撃を終えたソラーテに矢野監督が「もっと明るさをだしたプレーを」と、声をかけていた。その輪にマルテはやってきて、力強く言い放った。「今日、オレがやる」。期待をかけてくれる指揮官に、同じく新助っ人としてやってきたソラーテに活躍を宣言。有言実行で、4番初打点を記録した。


前夜までチームは20イニング連続無得点。矢野監督は打線改造で活性化を促していた。不調のソラーテをスタメンから外し、6番起用が続いた大山を5番に上げた打線で勝利。指揮官は4番の仕事を果たしたマルテを「チャンスで回ってくる打順。走者がいるところで、どれだけ打点を挙げるかを期待している。悔しさを持ってやってくれたと思う」とねぎらった。この日のように打線の軸が結果を残すことが、上位浮上へのカギとなるのは間違いない。【奥田隼人】

このニュースに関するつぶやき

  • 明後日からのゴミ売り戦も、ちゃんと働いて3タテかませ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定