ホーム > mixiニュース > 社会 > 台風10号 岡山でけが人も 建物被害相次ぐ

台風10号 岡山でけが人も 建物被害相次ぐ

26

2019年08月15日 11:35  毎日新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

毎日新聞

写真台風10号の影響を受けてJR山陽新幹線が運休となり、発車時刻などが表示されない電光掲示板(後方左)の前で立ち尽くす外国人観光客たち=JR新大阪駅で2019年8月15日午前10時16分、山崎一輝撮影
台風10号の影響を受けてJR山陽新幹線が運休となり、発車時刻などが表示されない電光掲示板(後方左)の前で立ち尽くす外国人観光客たち=JR新大阪駅で2019年8月15日午前10時16分、山崎一輝撮影

 大型の台風10号が15日、お盆の西日本を直撃し、各地で強風によるけが人が相次いだ。JR西日本は計画通り山陽新幹線を始発から終日運休。在来線も一部で運転を見合わせるなど各交通機関にも影響が出た。建物などへの被害もあり、市民は厳重な警戒を強いられた。


 岡山県倉敷市では15日午前、看板を撤去していた60代男性と自転車を押していた70代女性、歩行中の80代女性がいずれも風にあおられて転倒。それぞれ病院に搬送されたが命に別条はないという。岡山市北区では60代男性が犬の散歩中に転倒し、顔や肘に軽傷を負った。


 一方、JR新大阪駅(大阪市)では、発着する列車が東京方面に限られ、例年のお盆に比べて利用客は少なかった。中国・九州方面の発着時刻を伝える電光掲示板は表示が消えていた。


 構内には、外国人観光客向けに英語や中国語などで計画運休を伝える張り紙も。台湾・台北市から観光で関西を訪れ、東京に向かうという鄭大偉さん(42)は「午後に移動する予定だったが乗れないと困るから念のため予定を早めた。チケットは取れました」とほっとした様子で話した。中国・深圳市から初来日した小学校教員、楊韻茹さん(39)は「これから小田原に行く。東京方面の新幹線が運休にならなくて良かった」と話した。


 建造物への被害も出た。徳島県上板町七條では同日午前6時ごろ、県道沿いに設置された街灯(高さ約7メートル)が強風で倒れ、道をふさいだ。けが人はいなかった。


 和歌山県では同日午前9時20分、紀伊半島南部を流れる熊野川が、新宮市日足(ひたり)観測所で氾濫危険水位(7・1メートル)を超えた。同市は午前10時現在、419世帯819人に避難勧告を発出。県の担当者は「上流の奈良県側の雨の降り方次第で水位の上がり方が変わる。見守るしかない」と不安げに語った。


 昨年の西日本豪雨の被災者も台風の進路に細心の注意を払っていた。愛媛県西予市野村町地区で写真館を営む大塚晶司さん(59)は撮影した写真や機材を2階へ。「これまで台風なんてなんちゃないと思っていたが、豪雨があったのでまた起きたらと思うと不安でいっぱい。テレビやラジオを聴きながら警戒したい」と話した。【岡崎英遠、大坂和也、高橋真志、中川祐一】


このニュースに関するつぶやき

  • 岡山だけど何年かぶりに台風らしい風が吹いていますね!もうそろそろ来るのかな。
    • イイネ!19
    • コメント 0件
  • …何故昨日してないんだ?四国に住んでおきながら台風なめてたのか?認知症なの?もはや馬鹿としか言いようが( ̄▽ ̄;)
    • イイネ!30
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ニュース設定