ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > セクシーで熱いネオクラシック日本上陸!シンフォニアクス、11月に日本初公演開催

セクシーで熱いネオクラシック日本上陸!シンフォニアクス、11月に日本初公演開催

0

2019年08月15日 18:22  チケットぴあ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

チケットぴあ

写真SYMPHONIACS(シンフォニアクス)
SYMPHONIACS(シンフォニアクス)
ドイツを活動拠点とし、現在ヨーロッパを中心に全世界で熱い注目を浴びているエレクトロ・クラシックグループ、SYMPHONIACS(シンフォニアクス)が日本デビューすることが決定。さらに11月15日(金)に東京・東京国際フォーラム ホールCで日本初公演を開催する。

【チケット情報はこちら】

シンフォニアクスはヴァイオリニスト3人、チェリスト2人、ピアニストひとり、そしてエレクトロアーティスト/コンダクターひとりの7人からなる(楽曲によってはサポートが入り、8人編成となる)。メンバーはそれぞれウィーン、ベルリン、ブダペスト、ニューヨーク、コペンハーゲン、ソウル在住と国際色豊かで、どのメンバーも幼少期から音楽教育を受け、有名音楽学校を卒業し、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などの奏者として、またソリストとして活躍中。

2016年発表のデビューアルバム『SYMPHONIACS』はヨーロッパ3か国のみで発売、ドイツでは6万枚を売り上げ、21週連続チャートインという快挙を果たした。毎年ウィーンで開催される世界最大のエイズ慈善イベント「ライフ・ボール」やヨーロッパ最大級のチャリティイベント「バタフライ・ボール」などイベントへの出演。リアリティ番組「ネクスト・トップ・モデル」のドイツ版に出演しランウェイ脇で演奏、ベルギーで開催されたサッカー授賞式「ゴールデン・シュー」にゲスト出演、そして毎年ベルリンで開催される世界屈指の年越しイベントZDF主催「Willkommen」に出演した際にはシンフォニアクスの演奏中に新年を迎えるなど、世界を股にかけて活動している。この秋アジアに初上陸、まずは来日公演の開催が決定した。

全面LEDを背負ったステージは圧巻。クラシック曲に加え、世界のトップチャートを賑わせる人気曲のクラシカルアレンジなどバラエティに富んだ楽曲が楽しめるステージを披露する。11月の公演終了後には握手会・撮影会も実施する。

チケットの一般発売に先駆けて、先行先着プリセールを実施中。受付は8月23日(金)午前9時59分まで。

■SYMPHONIACS(シンフォニアクス) The Very First Japan Show 2019
日時:11月15日(金) 開場 18:15 / 開演19:00
会場:東京国際フォーラム ホールC(東京都)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定