ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 「兄ミッキーアイルとはイメージが違う」妹フェアレストアイルの特性

「兄ミッキーアイルとはイメージが違う」妹フェアレストアイルの特性

0

2019年08月18日 06:11  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第13回:フェアレストアイル

 マイルGIを2勝するなど、短距離・マイル路線でその名をとどろかせたミッキーアイル。同馬の全妹が、デビューを間近に控えた2歳馬の中にいる。

 栗東トレセンの中内田充正厩舎に所属するフェアレストアイル(牝2歳/父ディープインパクト)である。

 デビューを前にして注目を浴びるフェアレストアイルだが、無論、それは兄ミッキーアイルの存在が大きい。

 2013年にデビューしたミッキーアイルは、初戦こそ2着に敗れたものの、2戦目の未勝利戦からは持ち前のスピードをいかんなく発揮。凄まじい快進撃を見せた。

 未勝利戦(京都・芝1600m)で1分32秒3という、2歳馬としては極めて高い水準となる勝ちタイムをマーク。2着に5馬身差をつける圧勝劇を披露すると、そこから500万特別(現1勝クラス)、GIIIシンザン記念(京都・芝1600m)、GIIIアーリントンC(阪神・芝1600m)と、すべて逃げ切って連勝を飾った。

 さらに圧巻だったのは、断然の1番人気に推されて臨んだGI NHKマイルC(東京・芝1600m)だ。ここでも好スタートから先手を奪うと、ライバルたちを引き連れて快走。最後のコーナーを回ってからもそのスピードは衰えることなく、500mを超える長い直線をそのまま押し切って先頭でゴール板を通過した。未勝利戦からの5連勝でGIタイトルを奪取したのだ。

 その後、歴戦の古馬と対戦するようになってからは、それまでのように簡単に勝つことはできなかったが、短距離やマイルの重賞戦線で奮闘。自らが古馬になってからも、GI高松宮記念(中京・芝1200m)やGIスプリンターズS(中山・芝1200m)などで人気を集め、好走を繰り返した。

 そして5歳の秋、GIマイルCS(京都・芝1600m)で2年ぶりに戴冠。持ち味である逃げの形から、強豪ライバルたちとの熾烈な戦いを制して、2つ目のGIタイトルを手にした。

 そんな”スピードスター”の妹となるフェアレストアイル。同馬の育成を行なったノーザンファーム空港牧場のスタッフである飯野義勝氏は、この春の時点で同馬についてこう評していた。

「まだ小柄で成長途上の段階ですが、それでも体幹がしっかりしていて、走っているときに体の軸がブレません。軽い走りをしてくれますね。生まれは4月21日とやや遅めなので、さらに成長してくれればと思います」

 なお、兄ミッキーアイルは逃げのスタイルで実績を積み上げたが、フェアレストアイルについては、飯野氏はこんな見方をしていた。

「ミッキーアイルのイメージとは違って折り合いがつくので、瞬発力を武器にして、差す競馬ができるかもしれません。普段はテンションが高い一面もありますが、走り出すとクールになります。距離は、マイルくらいが一番いいのではないでしょうか。ただ、それなりに距離は持つと思います」

 デビュー予定は、9月7日の2歳新馬(阪神・芝1400m)。フェアレストアイルは、キャリア初戦から兄を彷彿とさせるような走りを見せることができるのか。快速馬の妹の初陣が楽しみだ。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定