ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > ヤクルト・村上がプロ初の1試合2本のアーチ!清原に並ぶ「83」打点

ヤクルト・村上がプロ初の1試合2本のアーチ!清原に並ぶ「83」打点

4

2019年08月18日 07:51  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真6回ヤクルト2死、村上が2打席連続本塁打を放つ=神宮(C)Kyodo News
6回ヤクルト2死、村上が2打席連続本塁打を放つ=神宮(C)Kyodo News
◆ 「しっかりと自分のスイングができた」

 鮮やかな放物線を描き、打球はヤクルトファンで埋まったライトスタンドへ着弾した。

 17日、神宮球場で行われた中日戦で、ヤクルトの村上宗隆がプロ初の1試合2本のアーチ。19歳の若武者は「素直に嬉しい」と喜びを表現した。

 まずは4回だ。この回の先頭打者として打席に入った村上は中日先発・柳の高めのストレートを打ち返し、右越えへ27号ソロ。2本目は6回二死の場面で、同じく柳から28号ソロを右中間席へ運んだ。

 4月7日に柳と対戦したときはノーヒットに抑えられ、「凄く良い投手でした」と素直に相手を称えていたが、この日の2本目のホームランに関しては「しっかりと自分のスイングができた」と自画自賛。小川淳司監督も「彼のホームランは本当に効果的なホームランが多い。価値ある一発」と称えた。

 この日は、若き大砲の活躍と、プロ10年目で初先発の平井から星−梅野−五十嵐−近藤−マクガフ−ハフと7投手をつないだ継投で勝利(7−5)。小川監督は「毎回ピンチで内容は褒められたものじゃないが、追い越されなかったというのと、四球を出しても失点を与えなかったというところは、よく粘れたかな」と話した。


◆ 清原に並ぶ「83」打点

 村上の打点はこれで「83」となり、リーグトップ。高卒2年目以内では、1987年の清原和博(西武)に並び、1953年に中西太(西鉄)が記録した歴代トップの「86」にもあと3つと迫っている。

 「常に打とうと思って打席に入っている」と頼もしい背番号55。8月に入って好調をキープしているが、「一つ一つが試行錯誤の繰り返し」と慢心はない。「1打席、1打席、集中してやっていくことが今できることだと思っている。これからも継続してやっていく」。そう語る19歳の進化が止まらない。


取材・文=別府勉(べっぷ・つとむ)

このニュースに関するつぶやき

  • 未だに得意のインコースで攻めてくれるバッテリーが多いから成績は伸びる。新人王決まりでしょ。
    • イイネ!23
    • コメント 0件
  • 未だに得意のインコースで攻めてくれるバッテリーが多いから成績は伸びる。新人王決まりでしょ。
    • イイネ!23
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定