ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『いだてん』で上白石萌歌が再び泳ぐ 『3年A組』景山澪奈と“真逆”の競泳界スターに

『いだてん』で上白石萌歌が再び泳ぐ 『3年A組』景山澪奈と“真逆”の競泳界スターに

1

2019年08月18日 08:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『いだてん』写真提供=NHK
『いだてん』写真提供=NHK

 中村勘九郎のアツい“走り”から、阿部サダヲの“爆走”へとバトンが手渡され、ますます盛り上がりがヒートアップする大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合)。画面の中心を占める俳優たちの顔ぶれも様変わりしているが、その中でも強い存在感を示しているのが、本作が大河ドラマ初出演となった上白石萌歌だ。


参考:上白石萌歌と田辺誠一を対の存在として描いた理由 『3年A組』に込められた現実世界への祈り


 彼女が演じるのは、実在した女子水泳界の前畑秀子。1932年に開催されたロサンゼルスオリンピックの200m平泳ぎに出場して銀メダルを獲得し、当時、若き女子水泳選手のホープとして名を馳せた人物である。……と、史実を記した以上、この後の展開がどうなるのかは分かってしまったことになる。ネタバレといえばネタバレだが、史実なのだからしょうがない。


 さて、そんな中で注目すべきは、これを上白石がどのように体現するのかということである。彼女の演じる前畑は、第二部の主人公・“まーちゃん”こと田畑政治(阿部)の目標である、“スポーツで日本を変える”という想いに並走するメンバーの一人だ。多少時代は進めど、第一部に引き続き女性の活躍はまだ多いとは言えず、その中でも、若い女子キャラクターの中で前畑は中心的なポジションを担っている。まだ女学生とあって初々しく、チームメイトの松澤初穂(木竜麻生)、小島一枝(佐々木ありさ)らとともに、日本選手団に華やかさを与えているのだ。


 しかしやはり繰り返すように、時代が時代である。国際的に力を見せる男子陣とは違い、彼女たちは国際交流の親善目的のための立ち位置や振る舞いを期待されており、水泳での活躍自体はあまり期待されていないようだ。老若男女、とにかく登場人物が多いとあって、女子メンバーの中心的存在ではあるものの、上白石が際立ってフォーカスされることは少ない。その中でも印象深かったのが、“鶴さん”の愛称で親しまれている男子選手・鶴田義行(大東駿介)へ向けたささやかな恋心である。初対面の場での彼への、胸のときめきを思わせる視線の動きと照れたような表情は愛らしく、第二部からの怒涛の物語展開に、清らかな瞬間を生み出していた。“泳ぐ”ことと同様に、こちらも身体表現で説得力を持たせる必要があったのだが、多くの視聴者を微笑ませてくれたことだろう。


 思えば上白石は、今年の頭に放映され大きな話題となったドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)でも高校競泳界のスターを演じていた。彼女は名門水泳部のエースで、オリンピック代表候補にも選ばれるレベルでありながら同時に学園のスターでもあったが、自ら命を断ってしまうという複雑な役どころであった。“オリンピック出場”という大舞台での活躍や“恋心”を演じている『いだてん』とは、まるで別人だったのだ。これはなんの因縁だろうか……。前者では、後ろ暗く、陰のある人物像を創出させていたものだが、後者である今作の上白石は、まさに快活さそのものである。


 昨年は、『羊と鋼の森』でアカデミー新人賞を受賞。映画初主演にして声優初挑戦となった『未来のミライ』では、幼い少年の目に映る世界を声だけで表現し、初めてカンヌ映画祭への参加も果たした。こうして彼女のキャリアを改めて見てみると、女優として勢いづき、伸びしろだらけの上白石とは、『いだてん』にて演じる前畑の姿とも重なるように思えてくる。


 2019年、なんの因縁か再び水泳選手に扮している上白石萌歌。初出演となった大河ドラマにて、その力の大きさを見届け、見守りたいところだ。(折田侑駿)


このニュースに関するつぶやき

  • 「アツい」「盛り上がりがヒートアップ」テコ入れ記事かな? 視聴率5.9%w 勿論観てませんが
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定