ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > シャープ「X68000」がバッグに

シャープの名機「X68000」がショルダーバッグに 独特のマンハッタンシェイプを再現

179

2019年08月18日 10:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真独特のマンハッタンシェイプを再現
独特のマンハッタンシェイプを再現

 シャープが1987年に発売したPC、「X68000」をかたどったショルダーバッグ「CZ-600Bag」が発表されました。価格は1万9800円(税別)で、8月19日から予約を受け付け。発送は11月上旬を予定しています。



【画像】実物との比較



 過去に「X68000XVI ラズパイケース」を手がけた、ヘルメッツが開発・販売を担当。「マンハッタンシェイプ」と呼ばれる、X68000のツインタワー筐体のデザインを、バッグに落とし込んでいます。その形状を生かして、片方のタワーにはA4サイズノートPC、もう片方にはアクセサリー類をと、分けて収納できるよう設計されています。



 X68000のロゴは、しっかりバッジで表現。5インチのフロッピーディスクの差し込み口をファスナーで再現する工夫も光ります。また、素材には防水性や耐衝撃性に優れるコーデュラを採用しているとのことで、耐久性も期待できそうです。



※「X68000」はシャープ株式会社の登録商標であり株式会社ヘルメッツが同社の許諾を得て本商品に使用しています


このニュースに関するつぶやき

  • ところで、モトローラは今でもCPUを製造してるのかな?命令系64bit内部演算128bitなんてCPU開発中だったりして。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 当時シャープのX−1を持っていました����ʴ򤷤�����
    • イイネ!35
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(104件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

ニュース設定