ホーム > mixiニュース > コラム > フランス人マダムに教えてもらった、世界一おいしいアイスティーの作り方

フランス人マダムに教えてもらった、世界一おいしいアイスティーの作り方

31

2019年08月18日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真写真
 確か今年は冷夏の予報だった気がするが、梅雨が明けてみれば例年どおりの猛暑。毎日30度超えの日々が続く。毎年5月あたりから30度超えの日が出てくるようになるが、わが家では気温が28度あたりをうろつくようになると、途端、お茶の消費量が増える。

夏バテ防止に最強? 簡単「酢しょうが」の作り方

 わが家は4人家族。そのため、1日5リットルのお茶が消えていく。そのため買っていてはキリがないので、日々水出し麦茶やほうじ茶を沸かす。
冷蔵庫にはそれら作ったお茶が並ぶのだが、その中の1つがアイスティー。このアイスティーが家族にめっぽう評判がよく、数年前から作り始めた。それまでもアイスティーは何度も作っていたが、出しても家族の反応はあまりよくなく、

「麦茶でいいや」というもんだった。

 それがある人に教えてもらった作り方に変えた途端、「このアイスティーおいしい。もっと作って」とリクエストまでされるようになったのだった。

■「フランス人は、イギリス人より紅茶を知っている」

 ある人とは、生粋のフランス人のマダムだった。数年前の夏、とある出版パーティでそのマダムにお会いした。その日、マダムは会場のホスト役で、来たゲストたちにアイスティーを配っていた。

 暑い中、やっと会場についた私にとってそのアイスティーはまさに至福の味! 明らかに“市販の味”ではないことはすぐにわかった。

 会場には大きなアクリルのボウルにアイスティーが作られており、それを同じくクリアなアクリルのお玉でグラスに1杯ずつ注ぎ、ゲストに配っていた。

「手作りだ」と察した私は、すきを見て、マダムにアイスティーの作り方を聞いた。
するとマダムは開口一番、こう私に問いかけた。

「あなた、まさかグラスに氷をいっぱい入れたところに、出来上がった熱い紅茶を注いでいないでしょうね?」。

 まさにそのとおりで、アイスティーなんてもの、そうやって作るものだと思っていたので、頷く。

「ダメよ、そんな野蛮な作り方をしちゃ。紅茶の渋みだけが出た、おいしくもないアイスティーしかできませんよ」と叱責された。

「日本の人は、紅茶と言ったら、イギリスが本場だと思っているでしょう? でもフランスの紅茶の消費量はイギリスよりも多いの。だから紅茶のことはフランス人に聞きなさい」。

 紅茶の消費量の話が根拠のある話かどうかはわからない。マダムの“紅茶を愛するフランス人”としてのプライドが、この発言に結びついただけかもしれない。

 でも、「あぁ、そうなんだ」と納得してしまうくらい、出されたアイスティーがおいしかったので、私は今でもその話を信じている。
 ■教えてもらった、マダム式氷を使わないアイスティーの作り方

(1)できればやかんではなく、鍋に2リットルの水を入れ、沸かす。

(2)沸騰したら火を止め、ティーバッグを3包入れてふたをし、21分蒸らす。

(3)ふたをはずし、菜箸などでそっとティーバッグを取り出す。

(4)粗熱が取れるまで放っておき、粗熱が取れたらピッチャーやジャグなどに移し変え、冷蔵庫でひと晩冷やす。

 確かにティーポットにティーバッグと湯を入れて3〜5分後、氷をたっぷりはったグラスに注ぐアイスティーの作り方とはえらい違いである。簡単に言えば、丁寧。手間がかかっている。

 マダムいわく1つ1つの作業にこだわりや意味があるとのこと。

●1度に少量作るよりもたっぷりと作った方が紅茶は絶対においしい。

●やかんではなく鍋なのは、ティーバッグを入れて蒸らす際、抽出された紅茶成分がまんべんなく全体に行き渡るから。

●ティーバッグを取り出す際、絶対に乱暴に取り出さないこと。乱暴に取り出すと渋みが出てしまうので、水面を動かさないくらいやさしく取り出して。
●急速に冷やすのではなく、時間をかけて冷やすことで紅茶の味を壊さない。

 ここまで聞いて、思わず私は質問してしまった。

「マダム、21分ですごく半端な時間ですよね? 20分蒸らすのではダメですか?」。

「ダメよ! 私はもう何十年も夏になるとアイスティーを作り続けてきて、やっとこの最適な蒸らし時間にたどりついたの。20分でも22分でもダメ。21分、ちゃんと守るのよ」。

 即答だった。

 そしてもう1つ、マダムに聞きたいことがあった。

 茶葉ではなく、ティーバッグでいいのか?ということだ。

 これもピシャリと言われてしまった。

「日本人はなぜなの? 紅茶を楽しむときは茶葉で淹れなきゃと思っているでしょう?こんな便利なティーバッグがあるのにわざわざ茶葉で淹れる必要があると思う? フランス人もイギリス人も、あれだけ毎日紅茶を飲むんだからいちいち茶葉でなんか淹れませんよ。スーパーマーケットに売っているティーバッグだって、今は充分においしい紅茶を楽しめる。それよりも淹れ方に気を使ってちょうだい!」。

 最後もやっぱりクギを刺された。「フランス人であることは私の誇りよ!」と断言しているマダムは使う紅茶もフランスのメーカーのもの。でも「毎日飲むものだからこそ、高い紅茶なんて買いませんよ」とのこと。
 

■味の鈍感な夫も驚いたおいしさ
 さっそく家に帰って、マダムに教えられたとおりに淹れてみる。

 そして翌日。家族に出してみる。

「うまっ! この紅茶、何かした!? 今までのアイスティーと全然違う」

 無類の紅茶好きの上の子がひと口飲んで思わず叫ぶ。

「これはおいしいね。どこかで買ってきたの?」

 そして普段いちいち食べ物や飲み物にコメントをしない夫が、わざわざ言葉を発するくらいなのだから本当においしいのだろう。

 マダムのアイスティーの作り方は正解だと改めて思い知る。

 以来、アイスティーは絶対にマダムに教えてもらった作り方でしか作らない。(スローマリッジ取材班・児玉響子)

このニュースに関するつぶやき

  • 麦茶は常温で粗熱を取るのは雑菌との闘いなのですぐ飲み切る量にするか急冷だけど紅茶なら殺菌作用のカテキンもあるしいいかもな・・ただ火の傍にいたくないのでもう少し涼しくなってから
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • フォション、マリアージュクレール、ジャンナッツ、クスミティ、ニナス……確かに英国茶葉に引けを取らないブランドが沢山あるよね…やってみよ♪
    • イイネ!8
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(12件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定