ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > くっきー再び改名 くっきー!に

野性爆弾くっきー、再び改名 「!」付き「くっきー!」として活動

199

2019年08月18日 13:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真野性爆弾”くっきー!” (C)ORICON NewS inc.
野性爆弾”くっきー!” (C)ORICON NewS inc.
 お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー(43)が、「くっきー」から「くっきー!」に改名した。「くっきー!」が改名するのは、2015年に本名「川島邦裕」から「くっきー」以来で、同日より「くっきー!」として活動していく。

【写真】”ニューヨーク”現地メディアの取材を受けるくっきー

 所属事務所の吉本興業は、改名の経緯について、日本テレビ系『ニノさん』(毎週日曜 後12:45)へゲスト出演した際に「同番組内の企画で姓名判断を受けたところ、『くっきー』は7画のため1画足したほうが良く、同番組に出演していた占い師によると、記号は1画とみなすため『くっきー!』へ変えたほうが良いという助言を受け、そちらの案を採用させていただき、『くっきー!』へ改名させていただきました」と説明している。

 ちなみに、2015年の「川島邦裕」から「くっきー」に改名した際、理由について「街を歩いていて川島って呼び捨てにされるのが嫌だった」と明かし「くっきーだったら、ヤンキーが言っていても嫌な気がしない」と告白。由来は「ベッキーが好きだから」と紹介していた。

 「くっきー!」は、滋賀県出身。幼稚園からの幼なじみだったロッシー(本名・城野克弥)と1994年に「野性爆弾」を結成。NSC大阪校13期生。若手時代から独特の世界観で注目され、2008年に拠点を大阪から東京に移し、白塗りした顔で表現するモノマネ芸などが浸透し、2018年上半期ブレイク芸人に。彼の世界観をまとめた個展『超くっきーランド』は国内海外で総来場者数55万人を突破している。

 なお、『ニノさん』では、相方のロッシーも「ロッシー?」「ロッシー☆」「ロッシー♪」への改名を勧められたほか、コンビ名も「やせい☆ボム」に変更するといいと提案されていたが、現状は「くっきー!」だけが改名。最終的に、藤田ニコルから「!」が名前についていると面白い言われたことを受けたくっきーは、「くっきー!」へと改名した。

このニュースに関するつぶやき

  • この番組見ていたが、個人的にはMatt(これでいいんだっけ?)の肌が荒れまくってるって指摘の方が面白かったな。一々くっきーも頷いてて、手入れの仕方とか教えて最終的にお手入れセット上げるから使ってねってなってた。
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 気持ち悪くて生理的に無理なんです。マジで。
    • イイネ!138
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(156件)

あなたにおすすめ

ニュース設定