ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 「筋トレで人生が変わった」就職も彼女もできた29歳男性のリアル

「筋トレで人生が変わった」就職も彼女もできた29歳男性のリアル

7

2019年08月19日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真まず鍛えるべきはこの筋肉/モデルは2.5次元ミュージカルなどの舞台で活躍する俳優の三浦宏規さん。たくましい筋肉は、舞台で作られた(AERA 2019年8月12−19日合併増大号より)
まず鍛えるべきはこの筋肉/モデルは2.5次元ミュージカルなどの舞台で活躍する俳優の三浦宏規さん。たくましい筋肉は、舞台で作られた(AERA 2019年8月12−19日合併増大号より)
「カッコよくなりたい」「体力の低下を防ぎたい」など、筋トレをする目的は人それぞれだ。 そして実際にやってみると、思わぬメリットを感じる人は多い。

【イラストで見る】お金をかけずに簡単にできる筋トレをご紹介!

*  *  *
「大げさかもしれないけれど、僕は筋トレで大きく人生が変わったと思っています」

 今年4月から公務員として働く藤谷修介さん(29)は明るい表情でそう話した。

 藤谷さんは1浪して国立大学の工学部に入学し、そのまま大学院に進学した。ところが研究でつまずいて2年間留年。なんとか修了したものの、就職できず既卒になった。

 公務員を志望し、既卒1年目は国や自治体の採用試験を受けたが、書類審査や筆記試験は通過できるのに、集団討論や面接で必ず落ちる。「コミュニケーション能力に問題があるのでは」と悩んだ藤谷さんは、すでに公務員になっている先輩3人にスカイプで内容だけでなく話し方までチェックしてもらった。

「先輩たちから『まったく問題ない』と言われ、どうすればいいのかわからなくなって……。睡眠薬がないと眠れなくなるくらい悩みました」(藤谷さん)

 全敗が決まった8月半ば、藁(わら)にもすがる思いで就活支援予備校の模擬面接を受けた。服装も立ち振る舞いもすべて本番と同じように再現。模擬面接を終えた時、カウンセラーは衝撃的な一言を放った。

「第一印象がだらしない」

 みだしなみには十分気を付けていた。顔や髪を清潔に保つのはもちろん、ワイシャツはクリーニングに出し、ズボンも毎回プレスしていた。ところが面接風景を撮影した動画を見ると、確かにだらしなく見える。

 身長170センチで当時は体重70キロ。メタボではないが、幼い頃から運動嫌いで、体に締まりがなかった。公務員の面接はクールビズの期間に当たることが多いため、ジャケットやネクタイで隠すことができず、体形が丸見えだった。

「最初の10秒で勝負は決まると思った方がいい。体を引き締めるところから始めてみては」

 カウンセラーからそうアドバイスを受けた藤谷さんは「とにかく自分を変えたい」と一念発起し、その足で近所のジムに入会。見た目重視の筋トレメニューを組んでもらい、毎日1時間、マシンを中心に胸やおなか、太ももなどの筋肉をバランスよく鍛えていった。

 まったく運動してこなかったぶん最初はきつかったが、そのかいあって2カ月後には体重が3キロ減って全体が引き締まり、ワイシャツの上からでもわかるほどに。その後は自宅でできるトレーニングを続けた。12月に再度模擬面接を受けたところ、カウンセラーから「だいぶ印象が変わったね。この調子なら大丈夫」とお墨付きをもらうことができたという。

「翌年受けた公務員試験のほとんどに最終合格しました。見た目が変わったことはもちろんですが、自信が持てるようになったことで立ち振る舞いにも変化が出たのだと思います。ごく自然に体重が減り、今はベストの61キロで、体調もいい。職場で彼女もできました。以前のぽちゃぽちゃの私を知らない同僚からは『藤谷君は筋肉質でスポーツできそうだね』と言われます。全然できないんですけど(笑)」

 さらに藤谷さんは、筋トレによる想定外の効用として「姿勢が良くなったこと」を挙げた。

「僕は昔から猫背で、背中の真ん中あたりを椅子の背もたれに付けて頭だけ前に出すというスタイルだったんです。でも筋トレをやるようになってから、背もたれなしで座ることが苦でなくなりました。就活でも、かなりプラスになったと思います」

 実は、姿勢と筋肉には、深い関係がある。

「いわゆる『いい姿勢』を保つには、自分の身体を地球に対して垂直に保つ『筋力』と『バランス感覚』が必要です。ところが現代人は筋力が衰えていて、5分も保っていられない人がとても多い」

 そう話すのは、虎ノ門カイロプラクティック院院長の碓田拓磨さんだ。碓田さんはとくに、座り姿勢に注目する。

「人は、立っている時より座っている時の方が、背中が丸まりやすくなり、体を垂直に保つことが難しい。座り姿勢は、骨盤の角度で決まります。鍵を握るのは、腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)、大腿四頭筋、大殿筋、ハムストリングの四つです」

 腰の後ろに手を回し、背筋のすぐ横の筋肉を強く押してみてほしい。そのままやや上を見るようにゆっくり上体を前傾させる。そこから上体を戻していくときに、硬く張っていた筋肉が、ふっと軟らかくなる瞬間がある。この指で触って軟らかいと感じる状態こそが、正しい座り姿勢の位置なのだと碓田さんは言う。

「この状態で余裕で30分座っていられるようになれば、筋力がついた証拠。首や背中・腰にかかる負担が減少し、頭痛や肩こり、腰痛、血液循環が滞ることによる冷え性などの改善も期待できます」(碓田さん)

 本誌が7月下旬に行ったアンケートでは、「筋トレを始めた理由」について、「肩こり、腰痛やぎっくり腰、ぎっくり首の解消のため」(東京都・43歳・女性)、「マラソンで膝の故障などに悩み、トレーナーに相談したら筋肉をつけるように言われた」(神奈川県・50歳・男性)といった意見も目立った。

 金融機関で働く女性(47)が筋トレを始めたきっかけは、膝痛だった。2年前、長く歩いた翌日に左膝が痛くて歩きづらくなり、整形外科クリニックへ。レントゲンでは膝の軟骨がややすり減っており、「加齢による変形性膝関節症」と診断された。

 膝に直接ヒアルロン酸を注射する治療でだいぶ痛みは軽減したものの、歩くと痛みが出る。医師からは「膝の関節のすり減りは元には戻ることはないが、膝を支える太ももなどの筋肉を鍛えることで膝が安定し、楽になるかもしれない」と筋トレをすすめられた。だが、筋トレなんてまどろっこしい方法はやっていられないと思い、マッサージや鍼灸、サプリメントといろいろ試してみた。ところがどれも効果がなかった。そこでしかたなく筋トレをやってみたら、1カ月ほどでだいぶ痛みが引いていることに気づいたという。女性は言う。

「私は運動を始めても途中で飽きてしまって、続いたことがなかったんです。でもクリニックでは理学療法士が、まず座って膝を曲げ伸ばしするだけのどこででもできる大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)が鍛えられる簡単な筋トレだけを教えてくれたので、続けることができた。継続するにはシンプルが一番だと実感しました」

 前出の碓田さんは言う。

「筋力の低下は、肩こりや腰痛、猫背、膝の痛みなどさまざまな不調を引き起こします。適切な筋トレは、こうした症状の改善や予防につながります」

(ライター・熊谷わこ)

※AERA 2019年8月12・19日合併増大号より抜粋

このニュースに関するつぶやき

  • 170センチは背高くもないから鍛えすぎると手短い短足に見えてダメ!!!細くマッチョでいないと。日本人は細マッチョでないと似合わない体型なのだ。 https://mixi.at/addRRkr
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • なに? オレも筋トレしてくるわ!
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

ニュース設定