ホーム > mixiニュース > トレンド > 7月の輸出、8カ月連続減=米中摩擦が影響−日韓貿易も停滞

7月の輸出、8カ月連続減=米中摩擦が影響−日韓貿易も停滞

0

2019年08月19日 11:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 財務省が19日発表した7月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2496億円の赤字だった。赤字は2カ月ぶり。輸出は前年同月比1.6%減の6兆6432億円となり、8カ月連続で減少した。米中貿易摩擦を背景に中国向け輸出が落ち込んだことが響いた。

 中国向け輸出は9.3%減の1兆2288億円と5カ月連続で減少。自動車部品や半導体製造装置が低調だった。財務省は「中国経済が緩やかに減速している影響を受けた可能性がある」(関税課)と分析している。韓国向け輸出は6.9%減の4363億円、輸入も8.6%減の2757億円と振るわなかった。世界経済の減速が主な要因だが、半導体材料の輸出規制などによる日韓関係の悪化が影響した可能性がある。

 輸入額は、イランからの原油やアラブ首長国連邦からの石油製品が減り、1.2%減の6兆8928億円だった。

 米国に対する貿易収支は5794億円の黒字となった。半導体製造装置や建設用・鉱山用機械などの輸出が伸び、黒字額は15.6%増えた。対EUは679億円の赤字。赤字は2カ月ぶりだが、赤字幅は前年同月(1230億円の赤字)から縮小した。 

    あなたにおすすめ

    ニュース設定