ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > NGT48、8ヵ月ぶりに定期公演を再開 「新潟のみなさんに愛されるグループに」

NGT48、8ヵ月ぶりに定期公演を再開 「新潟のみなさんに愛されるグループに」

1

2019年08月19日 12:42  クランクイン!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真劇場での定期公演を再開したNGT48  (C)AKS
劇場での定期公演を再開したNGT48 (C)AKS
 アイドルグループ・NGT48が、18日、新潟市・NGT48劇場で約8ヶ月ぶりに定期公演を再開。新公演「夢を死なせるわけにいかない」をスタートさせた。

【写真】NGT48、定期公演再開 新公演初日公演の様子

 1月に元メンバーの山口真帆が暴行被害にあったことが発覚。その後、大きな騒動になり、山口らの卒業公演を除いては、劇場での定期公演は行われていなかった。公演前に早川麻依子劇場⽀配⼈が登壇し、「こうして今⽇の⽇が迎えられたのは⽇頃から応援してくださているファンのみなさまのおかげです。本当にありがとうございます」と感謝。「NGT48が新潟にあってよかったなと思っていただける⽅が⼀⼈でも増えるようにメンバー・スタッフ⼀同、これからできることをひとつひとつ頑張って参りたいと思います」と挨拶した。

 オープニング曲の「ロマンス、イラネ」が始まり、「夢を死なせるわけにいかない」が新しい公演と分かると会場からはより⼤きな歓声が上がった。同公演は、AKB48チームAとチームKの混合メンバーで結成された「ひまわり組」が、2007年から上演していた公演。序盤の4曲が終わり、⾃⼰紹介MCでは、前チームGキャプテン・本間⽇陽が「こうして初⽇公演のステージにみんなで⽴てることが本当に嬉しいです」とコメントした。

 劇場公演再開の喜びと感謝の気持ち伝えようと、メンバーは最後まで全⼒のパフォーマンスを続け、「愛の⽑布」で本編は終了。アンコールを経て、最後の楽曲となる「ハートが⾵邪をひいた夜」を終えると、初⽇の記念として特別にもう1曲、⾼倉萌⾹が「NGT48の原点とも⾔える⼤切な曲」と「Maxとき315号」を紹介。すると研究⽣もステージに登場し、NGT48全メンバーでパフォーマンスして初⽇公演を終えた。

 最後の挨拶には、この公演でセンターに抜擢された清司麗菜が、「私たちはNGT48のことが⼤好きで、またみんなで⼀緒に前に進んでいくと決めました。新潟のみなさんに愛されるグループになりたいという夢を諦めずにファンの皆様と⼀緒に、そしてスタッフさんと⼀緒に、ここにいるメンバーみんなと⼀緒に少しずつ前に進んでいけたらと思っています。これからもNGT48の応援をよろしくお願いします」と本格的な再開の意気込みをファンに伝えた。

 また、グループからの卒業を発表している村雲颯⾹の卒業公演を今月31⽇に⾏うことを、村雲本⼈が伝えた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定