ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > LINE「OpenChat」の提供を開始

LINE、グループトーク機能を拡張した「OpenChat」提供開始 友だち以外も招待可能

65

2019年08月19日 16:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 LINEは8月19日、メッセージアプリ「LINE」のグループトーク機能を拡張した「OpenChat」の提供を始めた。LINE上で友だち登録をしていないユーザーも、URLやQRコードを共有すればトークルームに招待できるのが特徴。「お気に入りの喫茶店を語ろう」というように、共通の趣味を持つユーザーが集まるグループを作成できる。



【画像】トーク画面



 通常のグループトークの定員は500人だが、OpenChatの場合は最大5000人まで参加可能。トークルームごとに名前とプロフィール写真を変更可能で、LINE上で友だちになっていない人ともコミュニケーションできる。



 トークルームの公開範囲は、全員に公開、パスコードを知っている人のみ公開、トークルームの管理人(オーナー)が承認した人のみ公開――から選べる。途中からグループに参加したユーザーは、過去のトーク履歴をさかのぼって読める。



 同社は、趣味を共有するコミュニティーの他、同じマンションに住む人たちとの連絡網や、緊急時に会社内で情報を共有するグループなどへの活用も想定している。



 同機能は6月末に発表。事前に申し込んだユーザーなどを対象に、8月8日から先行提供していた。


このニュースに関するつぶやき

  • これを期にミクシィ復活したが、Androidのバージョンが古いせいでOpenchatが作成できないという… 自分でchatルーム作れなくても参加はできるんだろうか??
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • LINE確かに便利だけど、今の日韓関係考えると韓国の都合でいきなり制裁対象にされて突然使えなくなる可能性もあるから、うちのチームで使える代替アプリないか現在検討中。
    • イイネ!17
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(36件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定