ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > ロジクールからゲーミングキーボードの最高峰、超極薄デザインの「G913/813」

ロジクールからゲーミングキーボードの最高峰、超極薄デザインの「G913/813」

0

2019年08月19日 17:42  BCN+R

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

BCN+R

写真8月29日に発売する高機能&超薄型のゲーミングキーボード「G913/813」(無線・有線それぞれでメカニカルスイッチの異なる3種類の計6モデル)
8月29日に発売する高機能&超薄型のゲーミングキーボード「G913/813」(無線・有線それぞれでメカニカルスイッチの異なる3種類の計6モデル)
 ロジクールは8月16日、ゲーミングブランド「ロジクールG」でゲーミングキーボードのフラグシップモデルとして無線タイプの「ロジクール G913 ワイヤレスRGB メカニカル ゲーミング キーボード(G913)」と有線タイプの「ロジクール G813 RGB メカニカル ゲーミング キーボード(G813)」を発表した。価格はオープンで、税別実勢価格は無線の「G913」が3万250円前後、有線の「G813」が2万3250円前後。8月29日に発売する。

その他の画像はこちら

 筐体には、航空機にも使用される堅牢な5052アルミニウム合金をトップケースに採用。軽いタッチでも高速入力ができるよう、一般的なメカニカルキーボードと比べてアクチュエーションポイント(スイッチが反応する深さ)を25%短い1.5mmに設計し、超薄型のデザインに仕上げた。

 メカニカルスイッチは、打鍵感があり正確なタイピングができる「タクタイル」、滑らかなタイピングの「リニア」、耳に心地よいクリック音の「クリッキー」の3種類を用意。キーボードの高さはフラット/4°/8°に調整できるなど、ユーザーごとにベストな使用感が追求できるのも特徴だ。

 キーボード左には、コマンドやショートカットキーを登録できる五つの「Gキー」を配置。上部にある三つのプロファイルキーで設定を切り替えられるので、アプリごとの割り当ても可能だ。右上には、サウンド関連の操作を行うメディアコントロールボタンやスクロールホイールも配置している。

 ライトは、約1680万色の個別設定やゲーム内アクションとの自動連動に対応。ゲーム内で使用するキーだけを色分けしたり、オリジナルのライトエフェクトを作成したりすることも可能。無線タイプであるG913のフル充電時における連続使用時間は約30時間(RGBライティングがオンの状態)。接続方式は、Bluetooth 5.0と1ms以下の高速レスポンスができる独自のワイヤレス技術「LIGHTSPEED」の2種類となる。異なる複数のデバイスに同時に接続することもできる。

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定