ホーム > mixiニュース > コラム > 【開運作法/第8回】眠りは疲れた魂にパワーを戻す行為、1日の感謝を神様に伝えよう!

【開運作法/第8回】眠りは疲れた魂にパワーを戻す行為、1日の感謝を神様に伝えよう!

0

2019年08月19日 19:31  占いTVニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

――いい運を引き寄せ「強運体質」になるためには、日々の暮らしや考え方にひそむ「開運の法則」を知ることが大切です。運気アップにつながる小さな習慣を実践することで、どんどん運がひらけていきます。それはいわば、神様に願いを聞いていただくための「作法」といえるのです。


 スピリチュアルカウンセラー瀧天貴が、成功と幸せをもたらす「開運作法」を紹介します!


<第8回>
就寝時の開運作法〜神様に1日の感謝を伝えて眠りにつこう


 眠っているとき、私たちの魂は宇宙に戻ってエネルギーをチャージしています。1日活動して疲れた魂にパワーを取り戻すためには、よりよい眠りの時間が必要になるのです。


■東枕が吉! 枕元には何も置かないで
 枕元に周辺にものがあると気が散ってよく眠ることができません。ものを置かないようにしてください。また、枕は太陽が昇る方位「東」に向けましょう。太陽の強いパワーをいただけ、朝から元気に行動できます。ただし、ぐっすり眠れない、ついていない出来事が多いなと感じたときは、枕の位置を変えてみましょう。運気が変わり、状況が改善されたり、問題が解決しやすくなったりします。


■寝る前は頭の中を空っぽに
 夜に考えごとをすると、どうしても思考が後ろ向きになりがちです。眠りの質にはもちろん、翌日にもよくない影響を与えかねませんから、寝る前はできるだけ「無」になり、頭の中を空っぽにしましょう。どうしても悩みごとが頭から消えない場合は、その悩みを紙に書いてください。そして、それをはっきり口に出して読んだ後、細かくビリビリに破るのです。これを行うことで、頭の中にあった悩みごともすっきりするでしょう。


■1日の感謝を神様に伝えよう
 ベッドに入ったらリラックスした状態で目を閉じ、数分間「今日も1日、守っていただいてありがとうございました」と神様にお礼をいいましょう。感謝の気持ちを持って1日を終える習慣をつけることで、充実した眠りを得ることができ、明日へのパワーもみなぎります。間違っても、ベッドに入って長時間スマホを見たりしないように!


 人間は、人生の3分の1を眠って過ごします。この時間にどんな気を取り込むかによって、運勢も変わってくるのです。忙しくても睡眠をおろそかにしないことが、開運体質の近道です。
(瀧天貴)


>>NEXT:目指せ「メンタル美人」! 陰陽五行×食材で心のくすみをデトックスしよう


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定