ホーム > mixiニュース > トレンド > 「特別展 天空ノ鉄道物語」の「超・特急定期券」何度でも入場可能

「特別展 天空ノ鉄道物語」の「超・特急定期券」何度でも入場可能

0

2019年08月19日 19:52  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
JR7社や東京メトロ、東京都交通局などが全面協力する大型企画「特別展 天空ノ鉄道物語」の会期中、何度でも展覧会に入場できる500枚限定の特典付きフリーパス「超・特急定期券」がローソンチケットにて販売されている。

「特別展 天空ノ鉄道物語」は2019年12月3日から2020年3月22日まで、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリーにて開催。全国の鉄道系博物館でも通常は見られない蔵出しのレアな展示品を軸に、1964年・2020年のオリンピックイヤーを結ぶ形で鉄道文化の軌跡を紹介するとともに、日本独自の鉄道文化と所縁のある「食」「旅」「アニメーション」「ゲーム」などもフィーチャーし、アートやインスタレーションを交え、こどもから大人まで幅広く楽しめる体感型の展覧会となる。

「超・特急定期券」は、昔懐かしい昭和の定期乗車券を模したレトロなデザインで、会期中に何度でも展覧会に入場できるフリーパス。会期中の混雑時に優先入場が可能となるほか、開幕前の12月2日に行われる特別先行内覧会に参加でき、特製オリジナル定期券ホルダーがもらえる特典も付く。価格は1万900円。なお、会期中に一部展示替えも予定しており、再来場の際には新しいコンテンツが楽しめる。

なお、「特別展 天空ノ鉄道物語」の一般前売チケットは「鉄道の日」の10月14日に発売。一般2,300円、高校生・大学生1,300円、4歳から中学生まで800円となる。(木下健児)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定