ホーム > mixiニュース > トレンド > 南海電鉄「天空」つながりで『劇場版おっさんずラブ』とタイアップ

南海電鉄「天空」つながりで『劇場版おっさんずラブ』とタイアップ

1

2019年08月19日 20:12  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
南海電鉄は、観光列車「こうや花鉄道 天空」と、『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の劇中で主人公らが勤める「天空不動産」とのタイアップ企画を同作品の公開に合わせ、8月23日から実施する。

この企画は観光列車「天空」の運行開始10周年と、『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の8月23日公開に合わせて実施するもので、高野山駅に撮影用オリジナルパネルを設置するほか、パネルを撮影した写真をインスタグラムで投稿し、投稿画面を高野山駅の駅係員に提示した人にオリジナルステッカーのプレゼントも予定している。

パネルは9月30日まで高野山駅(改札外)に設置。オリジナルステッカーのプレゼントも9月30日まで、高野山駅改札口で実施する。ステッカープレセントは高野山駅に設置したパネルの写真を撮影し、撮影した写真にハッシュタグ「#劇場版おっさんずラブ応援団」「#天空不動産と南海天空」の両方を付けてインスタグラムに投稿することが条件。投稿した画面をスマホなどの端末で高野山駅の駅係員に提示することで、駅係員からステッカーがプレゼントされる(先着1,000枚・1投稿につき1枚)。

「こうや花鉄道 天空」は橋本〜極楽橋間を運行する4両1編成(指定席車両2両・一般車両2両)の観光列車。ワイドな車窓から紀の川・不動谷川や険しい山間の風景を見渡せるワンビュー座席、4人掛けのコンパートメント座席などを設けたほか、橋本側の指定席車両には、森林の澄んだ空気が吹き抜ける展望デッキスペースを設置している。

『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』は、社会現象を巻き起こした連続ドラマ『おっさんずラブ』待望の映画化作品。モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでドSな後輩・牧凌太の三角関係に新しいおっさんが加わり、前代未聞の五角関係「おっさんのラブ・バトルロワイアル」が繰り広げられる「笑って泣けるこの夏最高のエンタテインメント」とのこと。(木下健児)

このニュースに関するつぶやき

  • 「天空」は一度乗ったことはあるが、昔の通勤電車をよくぞここまで改造したと思うぐらいの良いデキ。ただしトンネル内で展望デッキに出るのは止めた方がいい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定