ホーム > mixiニュース > トレンド > 良品計画が手掛ける直売所!千葉県の里山にある「里のMUJI みんなみの里」とは?

良品計画が手掛ける直売所!千葉県の里山にある「里のMUJI みんなみの里」とは?

0

2019年08月20日 06:40  GOTRIP!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

GOTRIP!

写真写真

房総半島の南東部に位置する千葉県鴨川市。鴨川シーワールドなどの観光施設のほか、風光明媚な景色が楽しめるスポットとして知られています。

そんな鴨川市に2018年にオープンしたのが、「無印良品」を展開する良品計画が手掛ける複合施設「里のMUJI みんなみの里」。

雑貨などを販売する無印良品のほか、レストランの「Café&Meal MUJI」、農産物・物産品の販売所、さらに交流スペースが併設されている総合交流ターミナルです。もともと市が運営していた交流施設を良品計画が改修し、運営しています。

広い店内には無印良品ならではのセンスがひかる、素朴でおしゃれな内装が広がります。

自然を感じられる気持ちの良い空間で、ゆっくりとお買い物を楽しむことができます。

天井を見上げると、農家さんが実際に農作業で使用していたカゴが配置されています。

店内を見渡すと棚の上や出入り口に農具が飾られていたりと、里山ならではの雰囲気を随所で感じることができます。

直売コーナーに置かれているのは、すべて地元で採れた野菜や果物。

その日の朝収穫された食材のほか、手作りの加工品もずらりと並びます。

じゃがいもやトマトといった一般的な野菜でも、色や味が少しずつ異なる種類のものが多く販売されており、普段のスーパーでは販売していないコールラビやパクチーといった珍しい食材も手に入ります。

珍しい野菜に出会っても、どのように調理をしたら良いかわからないことも多いのが悩みどころ。

しかしこちらの店舗では販売コーナーのいたるところに地元農家さんのおすすめレシピが貼られているので、料理の参考にすることができます。お土産としても喜ばれそうなお茶やお菓子も販売しているのも嬉しいポイントです。

「Cafe&Meal MUJI みんなみの里」では、地元の食材をふんだんに使った季節のメニューを提供しています。

棚田を一望できるテラス席のほか、パソコンやスマートフォンを充電できるカウンター席もあり、ゆっくりと旅の計画を練ることができそうです。

房総半島を旅する際は、ぜひ「里のMUJI みんなみの里」で千葉県の自然の豊かさにふれてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 里のMUJI みんなみの里
住所 千葉県鴨川市宮山1696番地
営業時間 9:00〜19:00
ホームページ https://shop.muji.com/jp/minnaminosato/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定