ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > リフィニティブが市場心理指数をインヴァスト証券に提供、「正確な価格予測」から「最適なポジション管理の学習」へ

リフィニティブが市場心理指数をインヴァスト証券に提供、「正確な価格予測」から「最適なポジション管理の学習」へ

0

2019年08月20日 08:11  MONEYzine

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MONEYzine

 リフィニティブは、世界の主要なソーシャルメディアやニュースサイトなどをリアルタイム解析し、投資判断やリスク管理に活用できる市場心理指数サービスをインヴァストに提供する。


 金融データのプロバイダーであるRefinitiv(リフィニティブ)は、190か国以上で4万社を超える企業・機関にサービスを提供している。8月14日、リフィニティブ日本法人は、テキストマイニングと心理スコアリング技術を活用した市場心理指数をインヴァスト証券に提供すると発表した。


 リフィニティブの市場心理指数サービスは、行動計量学データを提供するMarketPsychとのパートナーシップを通じて開発。世界の主要な2000のニュースサイト、800のグローバル金融ソーシャルメディア・サイト上のニュースやソーシャルメディアをリアルタイムで解析し、さまざまなアセットクラスでの投資判断やリスク管理に活用できる。テキスト解析エンジンには、特許を取得した自然言語処理ソフトウェアを採用している。


 収集・分析されたデータは定量・定性解析にシームレスに組み込むことができ、投資家や、その他の専門家が担当業務に関連したパターンを素早く把握するのに役立つ。


 導入するインヴァスト証券は、強化学習型のAIモデルを採用したAIコアエンジンを通じて、マーケットのプライス情報、および市場心理指数の集約情報を独自に改良した学習情報を利用し、FX売買シグナル配信情報サービスMAiMATE(マイメイト)として提供する。


 インヴァスト証券は、今回の市場心理指数サービス導入に際して次のようにコメントしている。


 「これまで『正確な価格予測』にフォーカスしがちだった自動売買を、先端の強化学習モデル『A3C』を活用することで『最適なポジション管理の学習』へと進化させている。価格の予測に比べてポジションの管理はコントローラブルであり、『いつ始めて』『いつ終わるのか』というトレード全般を統合的に学習する。より良い判断を実行するためには、タイムリーに変化するニュース情報の活用は不可欠であり、検討の結果、リフィニティブの市場心理指数を選択し、特にFXトレードに特化した形への情報集約を実現した。」


(インヴァスト証券 執行役員 兼 チーフデータサイエンスオフィサー栢本(かやもと)淳一氏)

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定