ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > カレー屋さんの「Apple Classic 2を使ったかわいらしいレジ」がステキなセンス 思わぬところからレシートが

カレー屋さんの「Apple Classic 2を使ったかわいらしいレジ」がステキなセンス 思わぬところからレシートが

2

2019年08月20日 12:05  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真これは……!?
これは……!?

 とあるカレー屋さんに「Apple Classic 2を使ったかわいらしいレジ」があるという投稿がTwitterで話題になっています。



【画像】レシートを出すClassic II



 レジの様子が撮影された動画では、今から30年近く前にAppleから発売された「Macintosh Classic II」が置いてあり、きれいに映った画面には「お会計を完了しました」の文字が。さらにタッチペン(!)で画面をタップすると……?



 画面下にあるフロッピーディスクドライブのすき間から、「レシート」がシュルルーと出てきています。なにこれすごい。



 投稿したRicck/Rikiさんによると、このお店はいとこのカレー屋さんで、神奈川県厚木市にある「妻田カレー」。仕組みについては、ヤフオクで落とした筐体にiPad(レジ機能はアプリ「Airpay」を使用)とレシート印刷する機器を入れているという、シンプルなものとのこと。画面サイズがピッタリで、思わぬところを利用したレシート排出が、ステキなセンスでした!



 コメントでは「素晴らしい」「すごいかっこいい」「かわいい」など、見事な再利用の方法に称賛の声が上がり話題に。ちなみに同カレー屋さんは、Ricck/Rikiさんいわく「家の家族は全員好きなくらい旨い」とのことで、ユニークなレジとおいしいカレーを味わいに実際に足を運んでみるのもよさそうです。



画像提供:@Riccknさん


このニュースに関するつぶやき

  • 古いMacの活用法のド定番。「あー、そーなの、へぇー」的な。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定