ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > カリっと肉巻きパンのレシピ

豚バラ肉とパンの極秘レシピによだれが止まらない! カリっと肉巻きパン

74

2019年08月20日 18:02  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真豚バラ肉とパンの極秘レシピによだれが止まらない! カリっと肉巻きパン
豚バラ肉とパンの極秘レシピによだれが止まらない! カリっと肉巻きパン

 スライス豚バラ肉を、細切り食パンに巻いて焼くというレシピがツイッターで話題になっています。肉巻き系はどれも美味しいけど、これも止まらなくなるヤツ〜!


【さらに詳しい元の記事はこちら】


 レシピを公開したのは、作家の真楠ヨウさん。


 「これは企業秘密なんですけど、パンに豚バラスライスを巻きつけて、塩胡椒とか粉チーズかけて、オーブンかトースターでカリッと焼くと酒のおつまみにもなるし子供も喜んで食べます。企業秘密ですけども」と、その料理風景と出来上がり写真をツイッターに投稿。


 カリカリに焼いた豚バラ肉の中に、肉の旨味と脂を吸ったパンがジュワッとしている……想像しただけでお腹が鳴りそう。赤身肉だと固く縮んでしまいますが、バラ肉ならしっかりカリっと焼いても脂身の部分がいい仕事をしてくれるので、固くなり過ぎず美味しく出来上がるわけですね。


 そしてツイートを見た人たちからは、「ご飯時でも最高なヒトデナシテロです」「デブのおやつや」「なんて美味そうなものを!!」と、肉テロ状態に屈する人が続出。さらに、「パンの代わりに餅巻いてました」「パンじゃなくて高野豆腐でやってました」「パンの代わりにスティック状に切ったナスを使うと、豚の脂を吸ったナスがえも言われぬ美味になります」「バラ肉ではなくベーコンでも美味しいです」と、アレンジレシピもたくさん寄せられています。バラ肉巻きの汎用性の高さ……。


 このレシピについて、真楠さんにもう少し詳しく聞いてみたところ、


・オーブンで焼くときは200度で10分焼いたあとひっくり返して5分
・トースターでも同じく
・トースターやオーブンがなければフライパンでも可能。その場合は中火で動かさず5分ずつ
・パンは耳を使うとカリカリになりやすい
・パンの耳にを半分に切り、1本の長さを短めにして、両端からパンを少し出すとカリカリの部分が増えて美味しくなる
・中にチーズや大葉を一緒に巻いても美味しい


 と、火加減などのコツを教えてくださいました。暑いこの時期にフライパンを使わないで作れるのは、コンロの前に立たなくて済むので嬉しいものがありますね。しかもパンの耳って、まとめて安売りしていたりするお店もあるし、自宅でホームベーカリーを使って食パンを焼くと必ず出てくるので、スティック状に切ってそのまま冷凍保存もOK。しかもバラ肉を巻いた状態でも冷凍保存ができるので、バラ肉が特売になっている時にまとめて作って冷凍しておくと、後が楽チンですね。


 個人的には焼肉のたれも捨てがたいですが、クレイジーソルトの味も好きなので、焼く前にクレイジーソルトをまぶして焼いてみたいと思います。今晩の夕飯はこれに決まりだな……。



<記事化協力>
真楠ヨウさん(@yomakusu)


(梓川みいな)


このニュースに関するつぶやき

  • 作ってみよっと♪
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 豚肉を巻いて焼く又は煮込むと、たいていのものは美味しくなる。と、実家の母が言っていた。あながち間違ってないと思う。アスパラもピーマンもモヤシもニンジンもジャガイモも。
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(17件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

ニュース設定