ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 「オオカミちゃん」ミッチェル和馬ら“イケメンハーフ集団”INTERSECTIONって?光るビジュアルで注目

「オオカミちゃん」ミッチェル和馬ら“イケメンハーフ集団”INTERSECTIONって?光るビジュアルで注目

0

2019年08月20日 20:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真(後列左から)モリアティー慶怜、橋爪ミカ(前列左から)ミッチェル和馬、青山ウィリアム(C)モデルプレス
(後列左から)モリアティー慶怜、橋爪ミカ(前列左から)ミッチェル和馬、青山ウィリアム(C)モデルプレス
【モデルプレス=2019/08/20】4人全員が日米ハーフでバイリンガルのボーイズグループ・INTERSECTION(インターセクション)。モデルプレスでは、さまざまなバックグラウンドを持つ彼らの魅力に迫った。

【さらに写真を見る】INTERSECTIONの視線にドキッ ソロショットをチェック

16歳までハワイで育ったリーダーの橋爪ミカ(はしづめ・みか/20)をはじめ、カルフォルニア生まれの青山ウィリアム(あおやま・うぃりあむ/19)、8歳までニューヨークで暮らし来日したミッチェル和馬(みっちぇる・かずま/19)、キューバほか、幼少期からさまざまな国で過ごしたモリアティー慶怜(もりあてぃー・けーれん/18)と、それぞれに多様なルーツを持つINTERSECTION。

メンバー全員が、作詞作曲をはじめとするセルフプロデュース可能という類まれな才能を持ち合わせる。音楽だけでなく、それぞれにクールで洗練されたビジュアルにも注目が集まり、ファッションアイコンとしての期待値も高い。

中でも和馬は、雑誌『MEN'S NON-NO』の専属モデルとしても活動し、現在恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』に出演中。さらに、シックで大人なメロディーラインの最新曲「Who Do You Love」の作詞を手掛けている。

今回のインタビューでは、“イケメンハーフ集団” INTERSECTIONの魅力に迫るべく、メンバーの人となり、ビジュアルキープの方法、恋愛観…とパーソナルな点に至るまで深堀りした。

◆INTERSECTIONメンバーに迫る

― メンバーについて一言で紹介してください。

<橋爪ミカ>
生年月日:1998年12月21日/出生地:ハワイ/身長:176cm/血液型:不明/ニックネーム:ミカ

橋爪ミカってこんな人!By ミッチェル和馬

和馬:ハワイで育ったということもあって自由です。自由って悪いように捉えることもできるんですけど、そうではなくてミカは皆の心境を全部聞いてくれて、それに沿った動きができる柔軟性があります。気遣いがうまくて、頼れる兄ちゃんみたいな存在です。

<モリアティー慶怜>
生年月日:2001年4月12日/出生地:キューバ/身長:172cm/血液型:O型/ニックネーム:ケーレン

モリアティー慶怜ってこんな人!By 橋爪ミカ

ミカ:毎回会うたびに慶怜が持ってくるエネルギーで皆が盛り上がります。ムードメーカーという感じです。

<青山ウィリアム>
生年月日:2000年5月19日/出生地:カリフォルニア/身長:178cm/血液型:O型/ニックネーム:ウィリアム

青山ウィリアムってこんな人!By モリアティー慶怜

慶怜:すごく音楽の能力が高いです。トラック作りや作詞など音楽面での才能が溢れていて、一番すごいのがウィリアムです。

<ミッチェル和馬>
生年月日:2000年5月15日/出生地:ニューヨーク/身長:183cm/血液型:不明/ニックネーム:Kaz

ミッチェル和馬ってこんな人!By 青山ウィリアム

ウィリアム:いいヤツ!何から何までいいやつですね。

和馬:短いな〜(笑)。

◆INTERSECTION、苦労した過去明かす

― グループ結成から5年経ちますが、これまでの活動を聞かせてください。

和馬:去年まではずっと練習を重ねて、自分たちのスキルを上げていました。これでは納得いかないという曲ばかりでしたが、去年自分たちが誇りを持って出せるものができるようになってきました。4年間は苦労しましたが、振り返ればいまの自分たちにプライドを持てるいい時間だったと思います。

― その中でリリースする1stアルバム「INTERSECTION」について、おすすめの楽曲、込めた思いを教えてください。

ミカ:アルバムの中で、ジャンル的に最も自分の聴いている音楽と似ているから「Hot Water」が一番好きな曲です。使わなかった作品の方が多いくらいいろんな曲を作ってきて、選ばれた11曲はすべて自分たちの音楽性を語るもので、僕たちのイントロダクションです。メンバーも音楽制作に加わっているので、自分たちのスタイルや個性を引き出してるアルバムになりました。

和馬:いまのアルバムは、半分以上はウィリアムくん、2曲は僕が作っています。これからどんどん自分たちで曲を作ろうと考えています。

◆INTERSECTION、女性に着てほしいファッションは?

― アーティストとしてだけでなくビジュアルやファッションでも注目されていますが、かっこよくあり続けるために普段から気をつけていることを教えてください。

慶怜:最近は頻繁にジムに通っていて、もう少し身体を大きくしたいと思っています。まだ成長期なので、結構ニキビができやすくて、皮膚科にもよく行きます。あとは水をたくさん飲むようにして、ストレスも抱えないように心がけています。

― では女性に着てほしい、この夏のファッションを聞かせてください。

ウィリアム:暑いので、ワンピースが好きですね。ほかにもショートジーンズもいいですね。

慶怜:ビキニですかね(笑)。あとはショートジーンズや、サングラス、帽子などアクセサリーが多いファッション、いろんなバラエティを持った格好が好きです。自分と同じようなファッションをしている子が好きです。

◆「オオカミちゃん」ミッチェル和馬、恋愛観語る

― 和馬さんは『オオカミちゃんには騙されない』に出演中ですが、ご自身の恋愛観は?

和馬:恋愛は追っかけるタイプです。自分の頭の中で決めちゃって、そこから揺るがないです。例えば気になる人と違う子からアプローチがきても、自分の意志は変わらないです。気になる子がいたら、自分からどんどん積極的にいきます。まあ失敗もしますけどね。

― 失敗するんですか!?

和馬:もちろんあります(笑)。

― 放送後の反響はいかがですか?

和馬:この人と結ばれてほしいみたいなメッセージが届いてます。SNSのフォロワーも2、3万人増えてうれしいです。これをきっかけにINTERSECTIONの音楽も知ってもらいたいです。

― INTERSECTIONの名前が知られるチャンスにもなりますよね。今後、皆さんは日本だけではなく世界を羽ばたく可能性を秘めていると思います。グループとして今後の目標を教えてください。

ウィリアム:グループとしての今後の目標は、まずいっぱいライブをやって、ファンをたくさん作りたいです。

和馬:アジアツアーをやりたいですね。英語で歌ってる曲もかなりあるので、英語圏の国でライブをしたり、将来的にはワールドツアーもやったりしてみたいです。

◆INTERSECTIONの夢を叶える秘訣とは

― 最後に夢を追いかける読者にむけて、夢を叶える秘訣を教えてください。

ミカ:自分がやりたいことをうまくなるために、とにかく時間をかけることだと思います。そうすると、周りからどれくらい努力しているかが見えてきて評価もついてくるので、夢が叶うのに一歩近づくんじゃないかなと思います。

和馬:僕もそう思います。周りの評価は、自分が努力している姿を見たら自然とついてくるものだから、諦めないで自分のやりたいことをやっていくことです。時間をかけてやったほうがいいと思います。

― ありがとうございました。

(modelpress編集部)


動画を別画面で再生する



■INTERSECTION(インターセクション)プロフィール

4人全員が、日米ハーフでバイリンガルのボーイズグループ。幼い頃から日本、アメリカ両国の音楽、ファッション、カルチャーに触れ、歌唱、作曲、楽器演奏とそれぞれがマルチな才能を持つ。

音楽だけでなく、ファッションアイコンとしても注目を集める存在。8月21日に、グループ結成から現在に至るまでの成長の記録を収めた1stアルバム「INTERSECTION」をリリースする。

【Not Sponsored 記事】

    あなたにおすすめ

    ニュース設定