ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > SKE48高柳明音、メンバーNo.1フォトジェニックは北川綾巴「卒業までたくさん撮ってあげたい」

SKE48高柳明音、メンバーNo.1フォトジェニックは北川綾巴「卒業までたくさん撮ってあげたい」

1

2019年08月20日 20:10  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

SKE48の高柳明音と江籠裕奈が20日、東京・神宮前のFUJIFILE WONDER PHOTO SHOPで行われたSKE48 25th Single『FRUSTRATION』発売記念「ちゅりかめら展 IN WONDER PHOTO SHOP」(同所にて8月29日まで開催)に関する囲み取材に応じた。


同写真展では、SKE48 25th Single『FRUSTRATION』(7月24日発売)のロサンゼルスでのMV撮影時のメイキング写真やジャケット写真撮影時など、ちゅりかめら(高柳のカメラ)に納められた写真を展示。ここでしかみられない写真がたくさんあり、ファンも満喫できる内容となっている。

今回、初めてロサンゼルスに行ったという高柳は「単純に写真を撮るのが楽しみにして、撮れる時間はずっとカメラを構えて写真を撮っていましたね。華やかで明るかったり、女の子がインスタグラムに載せやすいかわいい場所での撮影だったので、写真を撮っていてもメンバーを『かわいい!かわいい!』って言いながら撮っていましたね」と回顧し、「初選抜の子もみんないい顔をしてくれて、カメラマンとして嬉しかったです」と満足気な表情を浮かべた。

また、お気に入りのカットを聞かれた高柳は、ウォールアートの前で撮影した集合カットを挙げ「同じところで撮ったオフィシャルの写真が、ポスターなどに使われているんですけどみんなキメキメの顔で、私が撮っときは『みんな好き放題で楽しく』って言ったので、あの背景で楽しそうにしている写真はここにしかないと思います」と胸を張り、加えて、同シングルの取材日初日が、今回初選抜となった井上瑠夏の誕生日だったことを明かし「(当時は)まだ選抜を発表していなくて、るーちゃん(井上)のお祝いをしたんですけど、写真をどこにも載せられなかったので、その写真がここにあります」と秘蔵カットをアピールした。

さらに、撮影中に起こった印象的な出来事を尋ねられ、江籠が「泡パーティーの(シーンの)泡の量がすごすぎて、私は泡製造機の真下にいたんですけど、1人だけずぶ濡れで、楽しかったけど寒かったなって印象です」と打ち明けると、高柳は「言っていいかわからないんですけど、泡パーティーをした後にノリで集合写真を撮ろうってなって、数名ずつで“イエーイ!”ってテンションで撮ったらジャケット写真になったんです」と裏話を告白。続けて高柳は「だから私たちはベッチャベチャで、キメた写真も撮ったんですけど、使われたのはこの写真でした。よく見ると鎌田菜月ちゃんとか足を上げているんですけど、あんなポーズは普段しないですもん。LAがそうさせたんでしょうね(笑)」と笑顔を見せた。

SKE48メンバーで1番フォトジェニックだと思うメンバーを聞かれ、9月30日をもってグループを卒業する北川綾巴の名前をあげた高柳は「綾巴はカメラを向けると睨んでくるので、それはそれでかわいいなと思います。今回は綾巴と一緒に撮影ができなかったので(写真は)ないんですけど、綾巴はフォトジェニックなので、卒業まであと少しの時間でできるだけたくさん写真を撮ってあげたいなと思います」と吐露し、売上げが芳しくないと須田亜香里自身も自虐ネタにしている須田の写真集『可愛くなる方法』を高柳が撮っていたら、もっと売れたのではないかと声をかけられると「残念ながらカメラマンの腕の問題ではないと思います」とコメントして報道陣を沸かせた。

さらに、メンバー以外で撮ってみたい芸能人を聞かれた高柳は、池田エライザの名前を挙げ「私と同じで鳥を飼っていらっしゃるので、鳥と一緒に撮らせていただきたいですね。うちで飼っているコザクラインコちゃんも飼っていらっしゃるし、Twitterを見せていただいていても、鳥が肩にいたり頭にいたり、(自分と)同じものを感じるので、撮れたら素敵だなと思います。私は人見知りなんですけど、話すネタもあるので鳥のお話ができたらなと思います」と目を輝かせ、「届きますかね、ご本人様に。ぜひ届いたら、よろしくお願いします」とラブコールを送った。

最後に、個人的な今後の目標を尋ねられると、江籠は「最近ステージでの1番をいただく機会があって、それからよりステージに立っているアイドルでいる自分が楽しくなったので、今度始まる全国ツアーはワクワクしています」と期待に胸を踊らせ、高柳は「おばあちゃんがお昼の時間にずっとドラマを見ていて、サスペンスドラマが大好きなので、私がサスペンスドラマに出て、おばあちゃんに見てもらうという夢が昨日できました。サスペンスドラマに出られるような女優になりたいです」と意気込みを語った。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定