ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > ASUSTek 30周年記念――13.3型「ZenBook Edition 30」が台数限定で登場 自作向けマザボ「PRIME X299 Edition 30」も発売へ

ASUSTek 30周年記念――13.3型「ZenBook Edition 30」が台数限定で登場 自作向けマザボ「PRIME X299 Edition 30」も発売へ

0

2019年08月20日 21:42  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真ZenBook Edition 30(写真は米国英語キーボードだが、製品版は日本語キーボードとなる予定)
ZenBook Edition 30(写真は米国英語キーボードだが、製品版は日本語キーボードとなる予定)

 ASUS JAPANは8月20日、台湾ASUSTekの設立30周年を記念した13.3型プレミアムノートPC「ZenBook Edition 30 UX334FL」を発売することを発表した。同社の直販サイトと直営店「ASUS Store AKASAKA」(東京都港区)での台数限定販売で、価格は下位モデルが14万9030円、上位モデルが17万9030円(共に税別)となっている。8月23日に販売を開始し、9月中旬から順次出荷される予定だ。



【その他の画像】



 ZenBook Edition 30は、天板がパールホワイトカラーの本革張りとなっており、ASUSTekの設立30周年記念ロゴもあしらわれている。その他記念品として、本体と同色の革製ノートPCケース、パールホワイトのオリジナルワイヤレスマウスと革風のマウスパッドが付属する。



 メインディスプレイのサイズ以外の基本仕様は、同日に発表された「ZenBook 14 UX434FL」と近い。



 CPUは下位モデルが「Core i5-8265U」(1.6G〜3.9GHz、4コア8スレッド)、上位モデルが「Core i7-8565U」(1.8G〜4.6GHz、4コア8スレッド)で、外部GPUとしてNVIDIAの「GeForce MX250」(ビデオメモリ2GB、Optimus対応)を搭載している。



 メインディスプレイは13.3型のフルHD(1920×1080ピクセル)液晶で、グレア(光沢)加工が施されている。サブディスプレイとして、タッチパッドと兼用の5.65型の2160×1080ピクセル液晶「ScreenPad 2.0」も搭載している。



 メインメモリは下位モデルが8GB、ストレージはSSDで、容量は512GB(PCI Express 3.0 x2接続)、上位モデルが1TB(PCI Express 3.0 x4接続)となる。OSは両モデルともに「Windows 10 Pro」をプリインストールする。



 ポート類は、左側面に電源端子、HDMI出力端子、USB 3.1 Type-A端子、USB 3.1 Type-C端子(DisplayPort出力兼用)を、右側面にイヤフォンマイク端子、USB 2.0 Type-A端子とmicroSDメモリーカードスロットを備える。



 バッテリーは3セルのリチウムポリマーで、満充電からの駆動時間は下位モデルが約10.4時間、上位モデルが約10.2時間(JEITA 2.0基準)となる。ボディーサイズは302(幅)×189(奥行き)×18.5(高さ)mmで、重量は約1.35kgだ。



●30周年記念マザーボードも発売予定



 8月20日に行われたASUS JAPANの新製品発表会では、ASUSTekの30周年記念製品として、「PRIME X299 Edition 30」というマザーボードも参考展示されていた。



 このマザーボードは「PRIME X299」シリーズのラインアップの1つで、「COMPUTEX TAIPEI 2019」に合わせて発表済み。日本でも2019年秋に発売する予定だという。



 PRIME X299 Edition 30の隣には、直接的な記念モデルではないがゲーミングに特化した2in1 PC「ROG Mothership GZ700」も参考展示されていた。こちらも日本での発売が検討されているようだ。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定