ホーム > mixiニュース > 社会 > 局長協議「反日的な動き」懸念

「反日的な動き」懸念=韓国側に「適切対応」要求−日韓局長協議

80

2019年08月20日 22:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【北京時事】外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は20日、北京市郊外の古北水鎮で韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長と協議した。金杉氏は元徴用工問題をめぐる日本側の立場を伝達。韓国で続く日本製品の不買運動や安倍政権への抗議集会を念頭に「反日的な動き」に懸念を表明し、適切な対応を求めた。

 河野太郎外相と康京和外相の会談を21日に控え、局長協議で地ならしを行ったとみられる。双方は対話継続の重要性でも一致した。

 文在寅大統領が15日の演説で日本側に「対話と協力」を呼び掛けて以降、日韓局長協議は初めて。だが、聯合ニュースによると、韓国外交筋は「全体的に立場の違いが大きい。(問題解決には)努力が必要だ」と語った。 

このニュースに関するつぶやき

  • 譲歩も妥協もいらないよ。調子に乗るから。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 【朗報】韓国政府開催の海外就職説明会、日本を除外 https://hosyusokuhou.jp/archives/48858661.html
    • イイネ!73
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(69件)

あなたにおすすめ

ニュース設定