ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > オリオールズが被本塁打数のシーズンワースト記録更新へ…37試合を残しあと1本

オリオールズが被本塁打数のシーズンワースト記録更新へ…37試合を残しあと1本

2

2019年08月20日 23:44  ベースボールキング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真オリオールズのデイビッド・ヘス
オリオールズのデイビッド・ヘス
◆ チーム防御率もメジャーワースト

 開幕からオリオールズ投手陣の崩壊状態が続いている。チーム防御率は5.98でメジャーワースト。もし防御率6点台でシーズンを終えれば、1999年のロッキーズ(6.03)以来、20年ぶりの不名誉な記録となる。

崩壊状態の投手陣だが、中でも目につくのが被本塁打数の多さだ。19日(現地時間)のロイヤルズ戦で2本の被弾を許し、今季合計の被本塁打数は早くも257本に達した。これは2016年にレッズがマークしたシーズンワーストの258本にあと1本に迫ったことを意味する。チームは今季37試合を残しているが、更新は時間の問題となっている。

【シーズン被本塁打数ワースト記録】
・258本 レッズ(2016年)
・257本 オリオールズ(2019年)※残り37試合
・248本 レッズ(2017年)
・242本 オリオールズ(2017年)
・242本 ホワイトソックス(2017年) 

 不名誉な記録の更新は間違いないが、問題はこの数字がどこまで更新されるのか。現在のペースだとシーズン162試合終了時点で308本に達する見込みだ。レッズが3年前に記録したシーズンワーストを大きく更新し、前代未聞の300本台に達する可能性は高い。

 ちなみに、今季チーム内で最も多くの本塁打を浴びている投手はデビッド・ヘス(26歳)で28本。ヘスは75イニングを投げているので3イニングに1本以上のペースで被弾を許していることになる。

 ヘスを上回るペースで本塁打を打たれている投手がダン・ストレイリー(30歳)。こちらは47回3分の2イニングで22本塁打と、2イニングに1本近いペースで被弾している。

 ヘスは今月上旬に今季4度目のマイナー降格を言い渡され、マイナーで奮闘中。一方のストレイリーは7月下旬の移籍期限にフィリーズに放出され、こちらもフィリーズ傘下のマイナーで汗を流している。

 オリオールズは今季、被本塁打を許さなかった試合が「34」あるが、2本塁打以上許した試合はそれを大きく上回る「49」に上る。オリオールズの暑く苦しい長い夏が終わりを迎える日はくるのだろうか。


文=八木遊(やぎ・ゆう)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定