ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 英G気膨むベテラン馬、シュヴァルグランに3つの吉兆あり

英G気膨むベテラン馬、シュヴァルグランに3つの吉兆あり

2

2019年08月21日 06:11  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 日本時間8月21日の深夜、”北のアスコット”とも称されるイギリスのヨーク競馬場で、G汽ぅ鵐拭璽淵轡腑淵襯好董璽ス(芝2050m)が行なわれる。

 このレースには日本から遠征中のシュヴァルグラン(牡7歳)が、7月に行なわれたG汽ングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(アスコット/芝2390m)に続いて挑戦するため、日本でも馬券が発売される。日本の秋のG汽掘璽坤鵑泙任呂泙世劼鳩邂幣紊△襪、ここでビシッと的中させて、秋競馬に向けて弾みをつけたい。

 ブックメーカーの前売りオッズでは、7月の”キングジョージ”でエネイブルとの死闘の末にクビ差の2着に敗れたクリスタルオーシャン(イギリス・牡5歳)が断然の人気となっている。距離適性に関しては、6月に行なわれたG汽廛螢鵐好ブウェールズステークス(アスコット/芝1990m)の勝ちっぷりから問題は感じられず、少し速い馬場についても、好タイム決着だった昨年の”キングジョージ”で3着以下を大きく離して2着になったことから心配はないだろう。大きく敗れるシーンは想像できず、人気をないがしろにはできない。

 これに続くのは、キングオブコメディ(イギリス・牡3歳)、ジャパン(アイルランド・牡3歳)あたりになるだろう。

 キングオブコメディは前走のG汽札鵐肇献А璽爛坤僖譽好好董璽ス(アスコット・芝1590m)で、1着のサーカスマキシマスを猛然と追い上げて2着。また、ジャパンは6月のG輝僖澄璽咫次淵┘廛愁燹芝2410m)で3着に敗れたあと、G競ングエドワード7世ステークス(アスコット・芝2390m)、そしてG汽僖蠡臂沺淵僖螢蹈鵐轡礇鵝芝2400m)で連勝しており、共に勢いは十分だ。
 
 しかし、両馬とも懸念がある。

 このレースの、過去10年の年齢別の成績は以下の通りだ。
 
3歳[4−5−2−13]
4歳[4−2−4−14]
5歳[1−3−4−9]
6歳以上[1−0−0−7]

 一見すると3歳馬と4歳馬が有力だが、2016年までは3歳馬の斤量が現在よりも0.5kg軽かったのだ。昨年の勝ち馬であるロアリングライオンも3歳馬だったが、その前走で古馬を相手に、ほぼ同距離のG汽┘リプスステークス(サンダウン/芝1990m)も勝利しており、「対古馬」の実績があった。

 対してキングオブコメディやジャパンは古馬との対戦がない。さらに、前者は距離経験がマイル(1600m)までで、後者が前走で勝ったパリ大賞は、近年イギリス、アイルランドよりも1枚落ちるフランスの3歳G気任両〕だっただけに、評価に疑問も残る。

 そこで狙いたいのが古馬勢だ。中でもエラーカム(イギリス・牡4歳)は、”大物食い”の可能性を感じさせる。

 母はG気鬘犠,靴”天才少女”と謳われたアトラクションで、父は引退まで14戦無敗だった最強馬のフランケルという超絶配合。3歳時のエラーカムは、G軌2000ギニー(カラ/芝1600m)で1番人気に推されるほどの素質馬だったが、本格化したのは骨折などの休養を経たあとの今年になってからだ。5月以降に3勝を挙げており、1年10カ月ぶりの重賞制覇となった前走のG競茵璽ステークスは、今回と同じヨーク競馬場の芝2050mでのレースだった。

 予備登録はなかったため、インターナショナルステークスには7万5000ポンド(約970万円)の追加登録料を払っての出走となった。そのことからも陣営の本気度の高さがうかがえる。コース適性は証明済み。脚質的にも、有力馬の前で競馬ができるタイプで、有力馬同士がけん制し合う中でうまく出し抜けを決められれば、波乱を巻き起こすことも十分にあり得る。

 また、3歳勢には疑問を呈したが、ブックメーカーのオッズで5番人気のサーカスマキシマス(アイルランド・牡3歳)には食指が動く。脚質からレースを引っ張ることが予想され、4頭出しのエイダン・オブライエン厩舎のペースペーカー役と見られそうだが、ペースメーカーとなっても単なる”捨て駒”にならないのもオブライエン厩舎の恐るべきところだ。

 前々走のセントジェームズパレスSでも早め先頭から、トゥーダーンホットを振り切り、キングオブコメディの追撃も封じた。前走のG汽汽札奪スステークス(グッドウッド/芝1600m)ではトゥーダーンホットの逆襲を受けたものの、初の古馬相手のG気韮加紊塙チした。5月には芝2000mのリステッドを勝利しており、距離経験も十分。条件では他の人気3歳馬よりもこちらが有利と見える。

 そして、前走の”キングジョージ”で6着に敗れたシュヴァルグランは、前走後もニューマーケット調教場で調整が続けられている。陣営は前走の敗因を、レース前日午後からの降雨による馬場悪化に求めた。

「24時間前の馬場だったら、パーフェクトだったんですけど……」

 2戦連続で手綱を取るオイシン・マーフィー騎手も、前走で急変した天気に恨み節をこぼした。それでも、完全にバテて止まったのではなく、逆にバテた馬を交わして6着まで順位を押し上げたのはこの馬の能力によるものだろう。今回も相手は手強く、7歳馬はそもそも出走自体が稀で過去に優勝馬がいないが、吉兆がないわけではない。

 ひとつは、同じ厩舎に滞在するディアドラ(牝5歳)が、8月1日に行なわれたG汽淵奪宗璽好董璽ス(グッドウッド/芝1980m)を制したことだ。

 欧州の芝コースは、日本よりも自然に近い状態でパワーも要求されるため、馬に求められる筋肉のつき方、その使い方も異なる。しかし、ディアドラがプリンスオブウェールズSを走った(6着)4週間後にナッソースSを制したように、中長期の続戦は”欧州仕様”へのチューンアップが期待できる。シュヴァルグランも6着に終わった前走から中3週で出走するため、イギリスでトレーニングを積みながらも、その疲れをあまり残さずに戦えるはずだ。

 もうひとつは、前走に続きマーフィー騎手が騎乗する点だ。ナッソースSでディアドラを栄光に導いたのも、昨年のインターナショナルSでロアリングライオンを駆って勝利したのもマーフィー騎手だった。このように、シュヴァルグランにとって現状での最高のピースは揃ったといえる。7歳の”ベテラン”が歴史を変える走りを見せてくれることを期待したい。

このニュースに関するつぶやき

  • もはや名前が凄いwキングオブコメディとか、ジャパンとかww日本みたいに9文字以内という規定が無いとは言え、ふざけてるとしか思えないwww
    • イイネ!2
    • コメント 1件
  • もはや名前が凄いwキングオブコメディとか、ジャパンとかww日本みたいに9文字以内という規定が無いとは言え、ふざけてるとしか思えないwww
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定