ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 山崎武司氏、中日の代打事情に「切り札がいない」

山崎武司氏、中日の代打事情に「切り札がいない」

3

2019年08月21日 08:14  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・与田監督
中日・与田監督
 東海ラジオの制作で、ニッポン放送ショウアップナイターでも放送された中日−巨人戦で解説を務めた山崎武司氏が20日、中日の代打陣について語った。

 中日は今季代打の打率が.193とセ・リーグでもっとも低い数字となっている。この状況に山崎氏は「どこのチームも代打の切り札を持っていますけど正直、ドラゴンズは代打の切り札がいないですよね」と指摘。

 「言葉がうまく見つからないんですけど、代打の切り札というのは、顔で打つというところもありますからね。ピッチャーがボールボールとなってしまって、ストライクを投げざるを得ない。そこを捕まえる。やはりそれが顔ですよね。ドラゴンズは、代打を作るというのがこれからの課題ですよ」と話していた。

(提供:東海ラジオ ガッツナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 戦力ペラペラやねんから仕方ないわ(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定