ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 『あな番』原田知世に学ぶ、“50代キュートコーデ”で失敗しないコツ

『あな番』原田知世に学ぶ、“50代キュートコーデ”で失敗しないコツ

6

2019年08月21日 09:11  女子SPA!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

女子SPA!

写真写真
 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角 佑宇子(すみゆうこ)です。現在2クール目に突入した『あなたの番です』(日本テレビ系)は、マンションに引っ越してきた新婚夫婦が住人間の「交換殺人ゲーム」に巻き込まれるというミステリードラマです。事件の真相にまつわる考察ネタがSNS上では話題にもなっていますよね。

 さて、本編の続きは楽しみにしつつ、今回は原田知世さん(51)演じる手塚菜奈のアラフィフに似合う可愛いファッションコーディネイトについて着目してみたいと思います。50代という年代に合わせた抜け感のあるファッションがベースとなっているので、一般人である私たちも真似できそう。

◆馴染む色より「キレイ色」を選ぶ

 まずご紹介するのは、第3話に登場したレトロな花柄ワンピース。原田知世さんによく似合っていました。マオカラー(首つまりタイプの襟)はここ最近、シャツワンピースによく見かける人気デザインの1つなんですよ。肌の露出を控えたい大人の女性にはデコルテまわりや二の腕もカバーできるので嬉しいですね。

 取り入れ方のポイントはキレイ色を使うこと。原田知世さん演じる手塚菜奈のファッションはカジュアル&ナチュラルテイストの強い服装なので、馴染みの良い色ばかりを使ってしまうと逆に生活感溢れる野暮ったさが目立ちやすいので気をつけてください。

 原田知世さんは肌の色も白いので、優しいラベンダー系の色合いがよく似合っています。50代前後になると淡い色や可愛い柄に少し抵抗を感じるかもしれませんが、アラフィフこそこうした優しい色に挑戦してみられると良さそうです。

◆派手色はサマーニットで取り入れる

 原田知世さん演じる手塚菜奈のファッションは、パンツルックもあるものの基本はワンピースやスカートが多めの着こなしになっていますね。単色無地のアイテム同士の組み合わせは顔映りの良いキレイ色を活用しています。

 とくにお手本になりそうなのが、赤いサマーニットと生成りワンピースの組み合わせ。派手な色でも薄手素材の透け感があるサマーニットであれば、比較的馴染みやすい印象を与えることができます。また、ボトムは柔らかい生成り色のギャザーワンピースなので程よく可愛らしさを与えていますね。

 足元は長めのソックスをクシュっとさせてブラウンのシューズで、ナチュラルに。バッグは柄物を取り入れると良さそうです。

◆大きめの柄モノで個性をプラス

 原田知世さんにならう50代ファッションのポイントは、肌のトーンが明るくなるようなキレイ色を取り入れること。そしてアクセントとなるよう大きめな柄アイテムをコーディネイトのどこかに1点入れてみることにも挑戦してみてくださいね。

 お気に入りの刺繍アイテムや、決まった柄があればぜひそれをポイントにおいたご自身らしいファッションスタイルを作ってみましょう。

<文&イラスト/角 佑宇子>

【角 佑宇子】
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105

このニュースに関するつぶやき

  • 原田知世は確かに奇跡の50代だけど、あのドラマの衣装はさすがに無理があり過ぎ。かえっておばあさんに見える。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定