ホーム > mixiニュース > トレンド > 「プレミアムエコノミー」って実際どうなの? エア・カナダの機内食、キャビン各所などリアルなレポートに興味津々

「プレミアムエコノミー」って実際どうなの? エア・カナダの機内食、キャビン各所などリアルなレポートに興味津々

0

2019年08月21日 17:12  ニコニコニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ニコニコニュース

写真写真

 今回紹介したいのは、kenzy201さんが投稿した『【ゆっくりシアトル08】エアカナダ4便機内食とトイレ、アメニティ、シート紹介。』という動画です。

【ゆっくりシアトル08】エアカナダ4便機内食とトイレ、アメニティ、シート紹介。

 エア・カナダのプレミアムエコノミーでシアトルに向かった投稿者さん。

 隣の人が空席に移動したため通路側と窓側の両方を独り占めです。

 メインの機内食が来ました。機内食のメニューはプレミアム専用で、これは珍しいようです。エコノミーでは前から順にカートで機内食が配られますが、プレミアムエコノミーでは個別にCAさんから配膳されます。使われているのは陶器のお皿です。

 まずはグリーンサラダ。横に置かれた小瓶にプレミアム感がありますね。

 メインはピーカンナッツのローストチキン。添えられているのはバーミセリライス、人参、赤ピーマン、ブロッコリーです。チキンはナッツの効いた中華っぽい味付けで「旨かった!」とのこと。

 ちなみにもう1種類のメニューは「牛すき焼き丼」でした。

 デザートはメープルムースケーキ。また、パンは硬く本格的で美味しいそうです。

 食後はカートでドリンクサービスがあります。寝る前なのにブラックコーヒーを選んでしまいました。睡眠に影響は無かったそうで良かったです。お酒もありましたが、乗り継ぎが朝なので今回はなしで。

 次はトイレの紹介です。行列を避けたかった投稿者さんですが、その心配は杞憂でした。プレミアムエコノミーのトイレは近く、ビジネスクラスとの共用だったからです。

 今回乗ったボーイング787ではトイレのドアをロックすると自然な明るさになります。窓もありますね。

 壁にはカナダらしく楓が。

 しゃがんだ高さの1枚だけが紅葉しているという、心憎い演出がされています。

 席に戻り、シート周りを見てみます。席ごとに独立したひじ掛けは飲み物を置けるテーブル付き。足元にはユニバーサル電源とフットレストがあります。

 ディスプレイ下にはUSBジャックがあり、各種ガジェットの充電ができます。

 続いてアメニティキットです。耳栓、アイマスク、歯ブラシ、靴下をセットにしたポーチが配布されました。

 ケベック州の天然水のボトルウォーターも用意されています。

 プレミアムエコノミーのリクライニング機能ですが、ボタンが固いです。傾斜角度はそこそこありますが、ビジネスクラスのようにフラットにはなりません。

 リクライニング問題についてですが、プレミアムエコノミーでは皆当たり前のように倒すそうです。快適性を求めた人たちが乗っていると考えれば、自然なことかもしれません。

 前の人が座席を倒していますが、足を延ばせるスペースがあります。耳栓とアイマスクの効果もあり、このあとよく眠れたそうです。

▼動画はこちらから視聴できます▼

【ゆっくりシアトル08】エアカナダ4便機内食とトイレ、アメニティ、シート紹介。

―あわせて読みたい―

・ANAファーストクラスの機内食をご紹介。“大食漢”による和食と洋食のダブル食レポにうらやましさが止まらない

・動くホテルどころか“一つの街”! 約6000人が乗る巨大クルーズ船に「移動時間も楽しそう」「船って事忘れるね」の声


    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定