ホーム > mixiニュース > 海外 > たった1錠のドラッグで死亡 「弟の最期を見て!」と姉が訴え(英)

たった1錠のドラッグで死亡 「弟の最期を見て!」と姉が訴え(英)

11

2019年08月22日 05:51  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真命を落としてしまった19歳男性(画像は『The Sun 2019年8月16日付「‘PROOF DRUGS CAN KILL’ Sister of ‘vulnerable’ teen, 19, who died after taking single ecstasy pill shares heartbreaking pic of him on life support」』のスクリーンショット)
命を落としてしまった19歳男性(画像は『The Sun 2019年8月16日付「‘PROOF DRUGS CAN KILL’ Sister of ‘vulnerable’ teen, 19, who died after taking single ecstasy pill shares heartbreaking pic of him on life support」』のスクリーンショット)
友達に誘われて口にした1錠のドラッグが、当時19歳だったジェームス・イエイツさんを死に追いやった。亡くなる直前、姉のナタリー・テイラーさんは集中治療室で生命維持装置に繋がれたジェームスさんの姿を撮影しており、弟の死後SNSに投稿した。ジェームスさんの死から1年が経過した今年8月、『New York Post』『The Sun』などが検視官の言葉やナタリーさんの投稿をシェアし、ドラッグの危険性について再度訴えた。

英ダービーシャー州在住のジェームス・イエイツさんは、母親が妊娠中に習慣的にアルコールを摂取していたことにより胎児性アルコール・スペクトラム障害を持って産まれてきた。亡くなる前の数年間は里親制度を利用しており、15歳から18歳まではダービーシャー州チェスターフィールドのオールド・ウィッティントンに住むジャッキー・カークさんのもとで暮らしていた。

そして昨年、ジェームスさんは里親のケアがなくても自分で重大な決断を下すことが可能であると判断され、友人と一緒に暮らすようになった。しかしこれが結果的には裏目に出た。

昨年7月23日に開催された音楽フェスティバルで、友人に合成麻薬‟エクスタシー(MDMA)”を勧められたジェームスさんは、1錠だけ飲み込んだ後に具合が悪くなり、チェスターフィールド・ロイヤル病院に緊急搬送された。医師らはなんとか命を救おうと最善を尽くしたが、ジェームスさんはドラッグの過剰摂取による多臓器不全により、翌24日の午前6時35分に死亡した。

姉のナタリーさんは8歳年下の弟の死後、SNSにこのように投稿していた。

「病院に運ばれたジェームスの身体は内出血が酷く、医師らは3度も心肺蘇生を繰り返しましたが、最期は血圧が戻ることはありませんでした。」

「ジェームスはドラッグが人を殺してしまうということを証明したのです。弟はドラッグ依存ではありませんでしたが、たった一度の使用が彼の命を奪ったのです。」

「ジェームスは、明るくて楽しいことが大好きでした。胎児性アルコール・スペクトラム障害によって人に流されやすい性格で、精神的にも肉体的にも不安定ではありましたが、家族や友人の誰1人としてこんな悲しい結末を想像したことはありません。私たちは深い絶望に打ちひしがれています。」

その後行われた死因審問では、ジェームスさんの障害、性格、死に至るまでの過程、そしてドラッグ歴などが明かされたが、元里親のジャッキーさんはジェームスさんの人となりについてこう述べた。

「ジェームスは一筋縄ではいかない性格でしたが、傷つきやすく、友達のためならどんなことでもする子でした。だから友達に何かを勧められたとしたら、絶対にノーとは言わなかったでしょうね。以前、ふとしたことからドラッグを服用してしまったことがあると話していましたが、故意ではなかったようです。」

また検視官は、ジェームスさんの死因について次のように語った。

「胎児性アルコール・スペクトラム障害だったジェームスさんは、学習障害も持っており、他人からの影響を非常に受けやすかったと思われます。ドラッグにはまってしまう危険性は非常に高かったと思いますが、当時はドラッグ依存ではありませんでした。また里親のケアを離れたため、住宅ほか精神的なサポートも約束されていたのです。」

「ジェームスさんが亡くなる前には、体内から高濃度のエクスタシーが検出されました。たった1錠のドラッグにより、ジェームスさんの命は奪われたのです。エクスタシーがいかに危険なドラッグであるか、ジェームスさんが身をもって示したと言えるでしょう。」

こうして弟の死と向き合わなければならなかったナタリーさんだが、SNSにはこんな言葉を残していた。

「ドラッグには絶対手を出さないでください。弟の姿を見て1人でも多くの人がドラッグの使用を思いとどまってくれればと願っています。」

ちなみに、2017年にもドラッグの過剰摂取で22歳の息子を失ったカナダ在住の母親が、息子の最期の姿をSNSに投稿していた

画像は『The Sun 2019年8月16日付「‘PROOF DRUGS CAN KILL’ Sister of ‘vulnerable’ teen, 19, who died after taking single ecstasy pill shares heartbreaking pic of him on life support」(Credit: NATALIE TAYLOR/EUGENE HENDERSON)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • イタリアでも、事故が原因で半身不随の男性が、売人宅で人生最初のヘロインを摂取直後に死亡。商品を自宅で顧客に提供した販売方法が間違い…だけど…。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • お姉さんの悲痛な願いも、現在 無自覚なまま非合法・合法薬物常習患者さんたちの耳には届かないと思います。「こんなもの」でお金儲けをもくろむ人たちがいるおかげで犠牲者は後を絶ちません。お悔やみ申し上げます。
    • イイネ!5
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定