ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 2人乗りで35キロ飛行! Volocopter が初の空飛ぶタクシー商業用機体「VoloCity」を公開

2人乗りで35キロ飛行! Volocopter が初の空飛ぶタクシー商業用機体「VoloCity」を公開

1

2019年08月22日 10:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
ドイツの航空スタートアップVolocopterはオンデマンドの空飛ぶタクシー事業の展開を目指して開発を進めているが、このほど初の商業用機体「VoloCity」を発表した。

18のローターを備え、パイロットなしで自動飛行する電動垂直離着陸機(eVTOL)だ。実際に客を乗せるモデルで、空飛ぶタクシー時代が現実味を増してきた。・最高速度は時速110キロVoloCityは都市部での空飛ぶタクシー用にデザインされていて、搭載するモターターやバッテリーで35キロ飛行できる。垂直に離発着できるので滑走路は不要で、街中に設けられる専用ステーションから飛び立てる。

航続距離が35キロということからもわかるように近距離移動のための乗り物だ。最高速度は時速110キロとすごく速いわけではないが、地上のような渋滞がない分、スムーズな移動となることが見込まれる。・インフラ整備も進行中同社はすでに試作機でテストフライトを繰り返していて、VoloCityは第4世代となる。もちろん実際に商業展開するには機体とは別に離発着するステーション設備も必要で、同社はすでにシンガポールでインフラ整備に着手している。

同社はシンガポール当局のサポートも得ていて、ステーションの完成を待って、今年第4四半期には試験飛行を行う予定だ。

一方で同社は本拠地のあるドイツ、そしてドバイでも試験飛行を重ねていて、ドイツではフランクフルト空港とインフラ整備で提携している。

具体的にいつから商業サービスが展開できるかは現時点ではまだ見通せないが、そう遠くはなさそうだ。

Volocopter

(文・Mizoguchi)

このニュースに関するつぶやき

  • こんなの、オスプレイが怖いヒトが許すワケないだろ ・・・と思ったけど、シナの迷惑にならなけりゃ気にしないか。 いずれにせよ、我が国での実用化はムリっぽいな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定