ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 潜入捜査のはずがチキン屋業で大忙し!韓国歴代興収No.1作品、来年日本公開へ

潜入捜査のはずがチキン屋業で大忙し!韓国歴代興収No.1作品、来年日本公開へ

0

2019年08月22日 11:00  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真昼はフライドチキン屋、夜は麻薬捜査班! (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED
昼はフライドチキン屋、夜は麻薬捜査班! (C) 2019 CJ ENM CORPORATION, HAEGRIMM PICTURES. CO., Ltd ALL RIGHTS RESERVED

 韓国歴代興行収入ランキング第1位の大ヒット作『エクストリーム・ジョブ』(原題:極限職業)が、2020年1月3日より日本公開されることが明らかになった。


 物語は、解散の危機を迎えた麻薬捜査チームの年長者であるコ班長が、国際犯罪組織の国内麻薬密搬入情報を入手したことから動き出す。麻薬組織検挙のために潜入捜査として組織のアジト前にあるチキン屋を買い取った麻薬捜査チームだが、マ刑事がまさかの絶対味覚を持っていたことから一躍名店のウワサが広まり、捜査が後回しになるほどチキン商売で大忙しに。そんなある日、捜査チームに絶好の機会が訪れるのだが……。


 メガホンを取ったのは、『二十歳(ハタチ)』のイ・ビョンホン監督。「まともに笑える映画を作りたかった」という監督の狙い通り、韓国の国民食であるフライドチキンと麻薬捜査という異色の組み合わせがさまざまなユーモアを生み出しており、韓国の劇場では大爆笑の連発。観客動員1,500万人突破の超絶ヒットを記録した。


 キャストには、『7番房の奇跡』などで知られるベテラン俳優リュ・スンリョンのほか、『私は王である!』のイ・ハニ、『守護教師』のチン・ソンギュ、『ベテラン』のイ・ドンフィ、「ハベクの新婦」のコンミョン(5urprise)が名を連ねている。(編集部・吉田唯)


映画『エクストリーム・ジョブ』は2020年1月3日よりシネマート新宿ほか全国公開


【関連情報】
【写真】イ・ビョンホン監督の過去作『二十歳(ハタチ)』
大きくなった!『アジョシ』天才子役、驚きの成長ぶり
ポン・ジュノ監督のパルムドール受賞作『パラサイト 半地下の家族』来年1月公開

    あなたにおすすめ

    ニュース設定