ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > ダルビッシュ、6回途中7失点で5勝目ならず…打線が大量援護も痛恨4被弾

ダルビッシュ、6回途中7失点で5勝目ならず…打線が大量援護も痛恨4被弾

0

2019年08月22日 11:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真本拠地でジャイアンツ戦に先発したカブスのダルビッシュ有
本拠地でジャイアンツ戦に先発したカブスのダルビッシュ有
◆ 2回の打席では自ら勝ち越し適時打も…

 カブスのダルビッシュ有投手が21日(日本時間22日)、本拠地でのジャイアンツ戦に「9番・投手」で先発出場。4本塁打を浴びるなど6回途中7失点(自責6)で降板し、今季5勝目はお預けとなった。

 ダルビッシュは初回、先頭のヤストレムスキーに右前打を許すと、一死後、3番・ロンゴリアに左翼席への先制2ランを浴びた。それでもその裏、カブスは2番・カステラノスの2ランで2−2の同点。続く2回は一死一、二塁の好機で、ダルビッシュ自ら見事なバスターで左前適時打を放つなど、4−2と逆転に成功した。

 ダルビッシュは2回をテンポ良く3者凡退。3回は1番から始まる上位陣を3者連続三振に仕留め、前の回から4者連続三振とした。6−2とリードが広がり4回もテンポ良く3者凡退で終えたが、4点リードの5回、二死一塁の場面で、1番・ヤストレムスキーに外角に投じた変化球を左翼席へ運ばれた。

 5回まで4失点も、打線の援護を受け勝利投手の権利を得たダルビッシュ。しかし7−4の6回、一死から失策で走者を出すと、6番・ボートにまたしても2ラン被弾。続くピラーには中越えソロを浴び、まさかの連続被弾で同点に追いつかれた。

 ダルビッシュはここで降板。5回1/3で89球、4被弾を含む7安打8奪三振7失点(自責点6)の内容で、防御率は4.43に悪化した。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定