ホーム > mixiニュース > コラム > ブラック企業のヤバすぎる日常「笑いながら薄毛の男性の頭に黒いパウダーをかける」「人間らしい生活がしたいと次々に辞める」

ブラック企業のヤバすぎる日常「笑いながら薄毛の男性の頭に黒いパウダーをかける」「人間らしい生活がしたいと次々に辞める」

3

2019年08月22日 11:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

ブラック企業に常識は通用しない。一概にブラック企業の境界線を決めるのは難しいが、明らかに常軌を逸した企業が存在する。キャリコネニュース読者から寄せられた、ブラック企業エピソードを紹介する。

管理・事務職の30代女性は、元勤務先の社長について綴る。社長はみんながいる前で「薄毛の男性の頭部に黒いパウダーを笑いながら振りかけていた」という。さらに翌日も、頭に霧吹きをかけては髪を頭皮に張りつかせて遊び、大声で笑う始末だった。

「日頃からワンマンで気にくわなければ暴言や減給、降格を平気でする会社だったので誰も何も言えず、明日は我が身と怯える日々でした」

クリエイティブ職の40代女性の元職場には、新人イビリをする、ひどい女の先輩がいた。女性は必死にメモを取りながら仕事のやり方を教わったが、故意に説明を早くされ、メモは単語ぐらいしか書けない。

「そのあとすぐに『一人でやってみて』と言われましたが、意味をなさないメモのため当然わかるはずもありません。『なんでメモってるのにできないわけ?』と怒られました。先輩の気分次第で私への当たり方が変わるし、先輩の許可が無いと帰れず、毎日深夜近くまで残業していました」

その結果、女性はストレスで倒れてドクターストップがかかり、そのまま退職した。

「消えろ」と言われたので帰ろうとすると「まだ人が話しよる最中だろうが、逃げるな」

かつて九州の警備会社で働いていた40代男性は、人を機械扱いする会社の内情を吐露した。やる気のある者はとことん酷使され、やる気のない者には幽霊社員というレッテルを貼りつけられる会社だ。男性は最低時給で日勤夜勤の連続勤務を強いられた。

「日勤の仕事が長引いて、夜勤の仕事に影響が出ようものなら、会社からうるさいぐらいの電話。一時は『2つの違う現場に入れ』って言われた事もよくあった」

男性が会社に文句を言った際には「使えない奴は消えろ」と返され、そのまま帰ろうとすれば「まだ人が話しよる最中だろうが、逃げるな」と足止めをくらった。昼夜連続の勤務でフラフラのなか暴言は小一時間続いた。解放されたと思うとすぐさま電話で「次の現場に入れ」と指示された。

店長の疲弊した姿に「多くの人が店長になる昇格試験を譲り合う状況だった」

過去に外食チェーン店で働いていた40代男性は、当時の過酷だった仕事の日々を振り返った。男性ら社員の労働時間は、仕込みや開店準備の立ち上げからラストまでの16時間勤務が日常だった。

「まれな休日に、アルバイトに風邪で休まれて、店から電話が来て出勤。デート中にその電話が来たこともあり、恋人と喧嘩して散々だった。 毎日、終電で駆け込みギリギリセーフの時も。閉店間際に店が混めば、いつもより遅く終わり、終電に乗り遅れてタクシーで帰るが、もちろん自腹」

同期は「人間らしい生活がしたいから」と次々に辞めていった。また、店長の疲弊した姿やそれに釣り合わない給与を知り、「多くの人が店長になる昇格試験を譲り合う状況だった」という。「今は、よく変わっているといいのだが」と綴った。

キャリコネニュースでは「ブラック企業経験談」や「年収と家賃」に関するアンケートを募集をしています。

このニュースに関するつぶやき

  • うちの会社もみんな店長になりたがらないなww⇒
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定