ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > エンゼルス2試合連続サヨナラ負け…大谷は代打で中飛、連続安打記録止まる

エンゼルス2試合連続サヨナラ負け…大谷は代打で中飛、連続安打記録止まる

2

2019年08月22日 12:10  ベースボールキング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真エンゼルス・大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平
○ レンジャーズ 8x − 7 エンゼルス ●
<現地時間8月21日 グローブライフ・パーク>

 エンゼルスの大谷翔平選手が21日(日本時間22日)、敵地でのレンジャーズに代打で出場したが中飛に倒れた。チームは前日のダブルヘッダー第2戦に続き、2試合連続のサヨナラ負け。またしても投手陣が踏ん張れなかった。

 大谷は前日のダブルヘッダー第1試合以来となるベンチスタート。7−7の同点で迎えた9回、一死一塁の場面で代打出場したが、救援右腕・ヘルナンデスの前に中飛に倒れた。この日は代打のみの出場で1打数無安打。自己記録更新中だった連続試合安打は「11」で止まり、打率は.306となった。

 エンゼルスは中盤の3イニングで一挙7点を奪うも、この日も投手陣が振るわず逃げ切り失敗。9回裏はバッテリーミス連発で無死三塁のピンチを招き、7番手のケーヒルがサヨナラ打を浴びた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定