ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 規格外? YouTuberデヴィ夫人

「次元が違いすぎて頭が追い付かない」 新人YouTuber・デヴィ夫人、ロスチャイルド家の別荘を訪れる“セレブ旅動画”が大反響

78

2019年08月22日 12:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真デヴィ夫人のモナコ旅(画像はYouTubeから)
デヴィ夫人のモナコ旅(画像はYouTubeから)

 7月初旬にYouTubeチャンネル「デヴィ夫人 - Lady. Dewi Channel」を開設したタレントのデヴィ夫人が8月21日に初めての“旅動画”を投稿。ロスチャイルド家の別荘で開かれたパーティーに参加するなど規格外のセレブっぷりを披露しており、視聴者からは「次元が違いすぎて頭が追い付かない」「金持ちとセレブの違いってこういう事なんだな」など驚きのコメントが多く寄せられています。とんでもない新人YouTuberが現れた……!



【画像】パーティーに参加するデヴィ夫人



 世界各国の社交界などセレブな生活の裏側や、普段テレビでは見せない素顔を発信することをコンセプトに開設された同チャンネル。そのコンセプト通り、初めての旅動画では「デヴィ夫人の華麗なる日常〜モナコ編」と題してセレブの代名詞ともいえるモナコに赴いており、4日間にわたる常識を超えたセレブ生活を披露しています。



 活動初日には、デヴィ夫人がモンテカルロの波止場やモナコ大聖堂を巡りながら同国の歴史を語った他、絢爛(けんらん)なホワイトドレス姿で参加した高級ジュエリーブランド「GRAFF」のパーティーの様子を発信。そのセレブぶりもさることながら、約25億円のダイヤを紹介するシーンでは、「牛丼600万杯分」とバラエティー然としたテロップが入るなど、エンタメ精神が感じられる動画となっている部分も注目ポイントです。純粋に面白い動画になってるのスゴいな。



 「GRAFF」のパーティーを終えると、お次はヨーロッパの財閥、貴族と名高いロスチャイルド家の別荘で開かれたギャツビースタイル(1920年代の上流階級ファッション)のパーティーに招かれたデヴィ夫人。世界中のエリートが集結した場でも多くの人から写真を求められ、会場中が注目したパフォーマンス大会では審査員を務めるなど、デヴィ夫人の社交界での人気の高さがうかがえました。



 その後も、高級ヨットクラブやカジノ、ナイトクラブを巡り、4日目にはモナコ大公のアルベール2世が出席するパーティーに参加するなど、もはや頭が追い付かないほどのセレブぶりを発信したデヴィ夫人。視聴者からは、「華やか過ぎて驚くばかり…」「みたことない世界。世界中の蓬莱の玉を集めたようなところ」「本当に華麗で美しい…こういう方がセレブなんだなぁ…」「どのユーチューバーよりも内容が濃くて面白い」など大きな反響が寄せられています。


このニュースに関するつぶやき

  • 嫌だこのばーさん…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ワンちゃんをいっぱい飼っているから、 エサ代を稼いでいるのかなぁ。新しいことに挑戦して、いつまでも綺麗なのは、 すごい
    • イイネ!48
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(48件)

あなたにおすすめ

ニュース設定