ホーム > mixiニュース > コラム > 自分が最も利用する決済手段が使えないなら買わない? ECサイト決済に関する調査

自分が最も利用する決済手段が使えないなら買わない? ECサイト決済に関する調査

2

2019年08月22日 16:41  OVO [オーヴォ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

OVO [オーヴォ]

写真自分が最も利用する決済手段が使えないなら買わない? ECサイト決済に関する調査
自分が最も利用する決済手段が使えないなら買わない? ECサイト決済に関する調査

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 SBペイメントサービス(東京)は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)における決済手段の利用実態に関するアンケート調査を実施した。調査対象は、1年以内に物販サイトで何らかの商品を購入した10〜80代の男女1,986人、1年以内にデジタルコンテンツを購入した10〜80代の男女1,173人。

 最初に、ユーザーがECサイトで最も利用する決済手段を調べると、物販サイトとデジタルコンテンツサイトのいずれにおいても「クレジットカード決済」が約80%と圧倒的に高く、次いで「コンビニ決済」(10%未満)となった。物販サイトではクレジットカード決済、コンビニ決済に次いで、男性は「代引き」を、女性は「後払い」を選択する傾向にある。

 年齢別では、物販サイトでの10〜20代のクレジットカード決済利用率は低く、10代男性の52.4%がクレジットカード決済以外を利用しているという結果に。コンビニ決済を利用するユーザーのコメントの中でも、「そもそもクレジットカードを持っていない」という声もあり、特に若年層のユーザーをターゲットとする場合は、クレジットカード決済以外の決済手段を用意する必要があるようだ。

 デジタルコンテンツサイトでは、最も利用する決済手段として1位「クレジットカード決済」、2位「コンビニ決済」、3位「キャリア決済」の順位は男女ともに共通だが、女性は男性と比べクレジットカード決済(73.4%)以外の決済手段の割合も高く10.4%がコンビニ決済を、5.7%がキャリア決済を選択。また、10代のコンビニ決済利用率は男女ともに30%を超え、10代男性の10.4%がプリペイドカード決済を利用している。

 一方、ユーザーが最も利用する決済手段にECサイトが対応していない場合、同様もしくは類似商品が他のECサイトでも多く扱われていることの多い物販サイトでは、62.5%のユーザーが商品を購入しないことが分かった。慣れ親しんだ決済手段に対応している他サイトで、類似品を購入する人が多いようだ。また、物販サイトに比べると独自の商品、サービスが多いデジタルコンテンツにおいても、自分の利用する決済手段に対応していなければ、51.5%のユーザーが購入しないとしている。

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 他所でも、類似品でも、買わなきゃ良いんだよ。 そうすりゃ金が貯まっていくんだから…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 仮想通貨や電子マネーに引き込もうとしてるね、これ使えないと生きづらくなるのかな?
    • イイネ!4
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定