ホーム > mixiニュース > 社会 > 厚労省、勤労統計の公表延期

厚労省、勤労統計の公表延期=大阪で不適切調査

33

2019年08月22日 21:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 厚生労働省は22日、毎月勤労統計の6月確報値について、予定していた23日の公表を延期すると発表した。大阪府で不適切な調査実態が発覚したため。ただ、問題となる調査対象は一部の小規模企業にとどまるため、「影響は大きくない」(雇用・賃金福祉統計室)とみられる。

 府の発表によると、調査員2人が大阪市などの延べ47事業所で、計642回にわたり過去の聞き取り内容から数値を勝手に算出するなどしていた。事業所から回答を拒否されたため、実際は足を運んでいないのに、訪問して調査したように虚偽の報告を行っていたという。

 府では年明け以降、小売物価統計や商業動態統計で10人の調査員による不適切調査が発覚。ほかの統計でも調査を進めていた。今後、調査員に府職員が同行するなどチェック体制を強化し、再発防止を図る。 

このニュースに関するつぶやき

  • 国が出す数字事は全て嘘だから気にしない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 財務官僚の消費税増税工作で、動いてるけど、政権与党に責任はあると考えられる('ω')ノ
    • イイネ!28
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(27件)

あなたにおすすめ

ニュース設定