ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 上白石萌音、スタートアップするなら「バナナジュース屋さん」

上白石萌音、スタートアップするなら「バナナジュース屋さん」

0

2019年08月22日 23:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『スタートアップ・ガールズ』完成披露上映会にて  クランクイン!
映画『スタートアップ・ガールズ』完成披露上映会にて  クランクイン!
 女優の上白石萌音と山崎紘菜が22日、都内で開催された映画『スタートアップ・ガールズ』完成披露上映会に出席した。上白石は、物語にちなんで自身のスタートアップ案として「バナナジュース屋さん」を挙げ、山崎は「やろうよ。バナナ、用意するよ」と協力に前向きな様子だった。

【写真】キャストの身長差がすごい!映画『スタートアップ・ガールズ』完成披露上映会の様子

 本作は、自由奔放で天才的な大学生起業家の光(上白石)と安定志向の大企業OL・希(山崎)がビジネスパートナーとなり、それぞれの未来を探していく姿を描く。この日は共演の山本耕史、メガホンを取った池田千尋監督、そして主題歌を共作で手掛けたASIAN KUNG‐FU GENERATION(後藤正文、喜多建介)とグラント・ニコラス(FEEDER)も出席した。

 役柄にちなみ、光と希のどちらが自分に近いか聞かれた山崎は希だと言い「希ちゃんは自分のことを平凡とか普通って思っているタイプなんですけど、私も自分ってすごく普通だなって思いますし、石橋を叩きまくって、石橋が割れちゃうみたいな、そういうタイプな気がするので(笑)。天才肌ではないというか、コツコツやるタイプだなと思っています」と自己分析。

 一方の上白石は、以前は光だと思っていたとしたうえで「よくよく考えたら、私は希でした」とニッコリ。「光っぽい部分も自分の中にあるかもしれないんですけど、どちらかというと、何をするにも不安を感じちゃうし、一歩を踏み出せないことのほうが多いですし。思っていることも言えないし、校則も一回も破ったことがない(笑)」と真面目な性格を明かした。

 その後、物語にちなんで、スタートアップとして何を始めたいか聞かれた山崎は「歌を歌う役をやってみたい」と、シンガー役に意欲を示し、上白石は「バナナジュース屋さん」と回答。「(テレビで)タピオカの次はバナナジュースが来るって言っていたので、始めるなら今かなあと思って」と理由を明かしてから「喋ってて恥ずかしくなってきました。辞めます」と照れ笑いを見せた上白石だったが、山崎は「やろうよ。バナナ、用意するよ」と協力に前向きな様子。これにうれしそうな表情を浮かべた上白石は「私、(バナナを)潰すね」と言い、山崎は「二人で叶えたいと思います」と白い歯を見せていた。

 映画『スタートアップ・ガールズ』は9月6日より全国公開。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定