ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > ドローンに撮影してもらう時代 超小型ドローン「AIR PIX」がCAMPFIREで16倍もの支援を集める人気

ドローンに撮影してもらう時代 超小型ドローン「AIR PIX」がCAMPFIREで16倍もの支援を集める人気

1

2019年08月23日 10:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真「AIR PIX」
「AIR PIX」

 “世界最小の飛行カメラ”をうたうドローン「AIR PIX」が、クラウドファンディングサイトCAMPFIREで、目標金額50万円に対し800万円以上の支援が集まる人気です。



【その他の画像】



 「AIR PIX」は、ポケットに入るコンパクトサイズで、ゴルフボールと同じくらいの重さ(52グラム)の超小型飛行カメラ。“セルフィードローン”と紹介されているように、通常の自撮りでは難しいアングルから写真・動画を撮ることができます。



 専用アプリ(iOS/Android)を使ったデジタルジョイスティック操作をはじめ、自動で飛び立って10秒間に5〜15枚の写真をオート撮影するモードや、ジェスチャーでのコントロールも可能です。さらに顔認識でトラッキングする機能も搭載しており、動く被写体を自動追尾しての撮影もできるとのこと。



 飛行可能時間は約6分。長く使いたい方は、「AIR PIX」をドックに収納でき8回分充電できる、オプションの携帯電源「POWER BANK」もあわせて手に入れたいところ。



 なお、バッテリーを含めた機体の重さが200グラム未満であるため、同製品は日本航空法の規制対象外。とはいえ国から指定された飛行禁止の施設や場所では使用しないようにしましょう。



 すでに一部の数量限定リターンは終了していますが、執筆時点(8月22日)では20%オフで「AIR PIX」が手に入る1万2960円コースは選択可能。また「POWER BANK」とのセット(22%オフ)は1万8060円となります。


このニュースに関するつぶやき

  • パッと見、カバーに囲まれて風の影響とか余計受けそうな…とか素人考えしてしまったが、稼働時の安全性や可搬性の向上から、今後この手のタイプが増えるんじゃないかなどうかな(´・ω・`)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定