ホーム > mixiニュース > コラム > 山中教授 iPS生み出した過程

iPS細胞の生みの親・山中教授が講演 「研究者になったワケ」「ゲノム編集への危機感」など語る

25

2019年08月23日 11:02  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授
京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授

 京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が8月22日、科学技術振興機構(JST)のイベント「『国際科学オリンピック日本開催』シンポジウム」に登壇し、未来の科学者を目指す学生たちに、iPS細胞を生み出すまでの過程や、科学技術の発展について懸念点などを語った。



【その他の画像】



 同イベントは、中高生が生物学・化学・数学などの能力を競う「国際科学オリンピック」が2020〜23年に日本で開かれることを記念した企画。山中教授は、研究者を志したきっかけは父親の死だったことなどを明かし、会場に詰めかけた聴衆は真剣な面持ちで聞き入っていた。



●父親がC型肝炎に



 山中教授が幼いころ、町工場で働いていた父親が仕事中に負傷。父親は病院で輸血してもらい、けがは無事に治ったが、直後に肝臓の病気を発症した。山中教授は「実は輸血によってC型肝炎ウイルスに感染していたのですが、当時の医学ではそんなことは分かりません。私が中学生や高校生になっても、原因は不明のまま、体調はどんどん悪くなっていきました」と振り返る。



 「私は1987年に大学の医学部を卒業し、臨床医になりました。父に痛み止めの点滴を打ってあげると、うれしそうにしていたことを今も覚えています」と山中教授。しかし、その後も父親の体調は戻らず、翌88年に58歳で亡くなった。



 「せっかく医者になったのに父親さえ救えなかったことが、私にとっては大きな衝撃でした。その後も重い病気の患者さんをたくさん診る中で、『彼・彼女らを治すには、(臨床ではなく)研究するしかない』と一念発起し、大学院に入り直して研究を基礎から学びました」



 くしくも山中教授が父親を亡くした翌年、米国の研究グループがC型肝炎ウイルスの遺伝子の一部を発見。その後約25年にわたって世界中の学者が研究を進め、14年にC型肝炎の特効薬「ハーボニー」が開発された。山中教授はこのことに触れ、「世界の研究者が努力しても、ウイルスの発見から特効薬の誕生までに25年かかる。研究はマラソンのような時間のかかる仕事なのです」と難しさを語った。



●オスのマウスが妊娠!?



 臨床医を辞めて大学院に入り直した山中教授は、博士号を取得後、33歳の時に渡米し、カリフォルニア州の医学研究機関「グラッドストーン研究所」に入所した。そこでは、上司に当たる研究者が立てた仮説を、山中教授が実験によって検証する作業を繰り返し、実験・研究の腕をみがいていたという。



 そんなある時、山中教授を指導していたトーマス・イネラリティ教授が、「生物の肝臓でAPOBEC1(タンパク質の一種)が多く作られると、血中コレステロール濃度が下がって健康になる」という仮説を立案。山中教授が検証を担い、マウスの肝臓でAPOBEC1を増やす実験を行ったところ、予想だにしない結果が出た。



 「ある朝、マウスの世話係のおばちゃんが血相を変えて飛んできました。『シンヤが飼っているマウスが妊娠している。その半分くらいはオスなのよ』とまくし立てており、私は『そんなアホな』と思いました。でも、確認すると確かにオスのお腹がふくれていました」



●妊娠ではなく、実は……



 「APOBEC1には、オスを妊娠させる効果もあるのか」と驚き、山中教授は数匹のマウスを解剖した。だが、マウスたちのお腹に赤ちゃんはいなかった。肝臓の細胞がガン化し、通常時の数倍にまで膨れ上がっていた。外からではガンになっていることは分からないため、同僚は妊娠したと誤解したというわけだ。



 「APOBEC1はネズミを健康にするどころか、ガンを起こす遺伝子だったのです。どうして(一流の研究者の仮説に反して)予想外のことが起こるのだろうかと、私は興奮しました。それからは、ボスの仮説は放っておいて、この現象の解明に没頭しました」



 山中教授はその後も研究を続け、マウスがガンになった要因の1つとして、APOBEC1に突然変異を起こさせる遺伝子「Novel APOBEC1 Target 1」(NAT1)を発見した。



 「偶然ですが、この遺伝子はES細胞がいろんな細胞に分化する上で、重要な役割を果たすことも分かりました」と山中教授は話す。ES細胞は、再生医療への応用が期待されている万能細胞の一種だ。「マウスのガンの研究をしているはずが、ES細胞にたどり着くとは、夢にも思いませんでした。こうして私は、偶然に導かれて(再生医療の)研究を始めました」



●「iPod」にちなんで「iPS」に



 こうして再生医療の道にたどり着き、研究を続けた山中教授は、06年にiPS細胞の作製に成功した。「マウスの皮膚に特定の遺伝子を組み込むと、受精卵と同じ状況にリセットされ、いろいろな組織に変化できる細胞(=iPS細胞)になることに気付きました。07年には、人間からもiPS細胞を作ることに成功しました」



 分かりやすくES細胞と似たネーミングにするため、山中教授は「AS細胞、BS細胞、CS細胞、DS細胞……」と、アルファベットを順に当てはめて名付けようとしていたという。しかし「Googleで検索すると、全て検索に引っ掛かり、他で使われていることが分かりました」と当時を振り返る。



 結果的に「iPS」に決めた理由について、山中教授は「他で使われていませんでしたし、当時は『iPod』が流行していたので、『パクっちゃえ』という気持ちで小文字をiにした『iPS』に決めました」と説明。会場を沸かせた。



 山中教授は最後に自身の歩みを振り返り、「エジソンが言ったとされる『必要は発明の母』という言葉があります。私の場合は、父の死を経験し、患者さんを治す必要性にかられたことが、iPS細胞の作製につながりました。ただ、マウスのガンをはじめとする予想外の偶然も、iPS細胞をつくる上で必要でした。これらを踏まえると、『偶然は発明の父』だといえるでしょう」と語り、講演を締めくくった。



●ゲノム編集への危機感



 イベントの後半では、ジャーナリストの池上彰さんをモデレーターとするパネルディスカッションも行われた。参加した山中教授は、池上さんから「科学技術はこれからどう発展するか」と問われ、こう答えた。



 「次の10年〜20年も革新的なことが起こるでしょう。ですが、どこまで行くのかと恐怖感も覚えます。現代の科学技術では、ヒトのゲノムを解析するだけでなく、書き換えることもできるようになっています。本来、ゲノムは、進化や自然環境への順応によって変化してきました。これらが従来とは異なるスピードで書き換えられることが、楽しみと同時に怖いのです」



 昨秋には中国で、HIVに感染しないようゲノム編集を施した双子の赤ちゃんが誕生したことが報じられたが、山中教授は「どうやら本当らしい」と分析。「ただ、感染症にかからなくなっても、他の理由で寿命が短くなるとの研究もあります。浅はかな理由でゲノムを書き換えるとしっぺ返しを食らう可能性もありますよ」と警鐘を鳴らした。


このニュースに関するつぶやき

  • 私にはなぜかこの人がアニメの冨野氏にかぶる。冨野氏いわく「私はガンダムで食えて逃げ切ることもできるがあなた達はそうではない」 考えすぎかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 研究の面白い局面を凝縮して話てくれているんだろうが、研究は成功しなければ本当に辛い。努力しなけりゃ成果は出ないが、努力と成果は比例関係にはない。
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

あなたにおすすめ

ニュース設定